インドシナニュース

香港企業が2億ドルを繊維生産案件に投資

香港のTALグループは、ベトナムでの織物や衣類の生産のために2億米ドルの投資を計画している。

これはベトナムでのこの種の案件では2番目である。

投資計画省(MPI)副大臣Cao Viet Sinh氏とのハノイでの最近の打合せで、TAL香港開発社社長Roger Lee氏は、同社グループがベトナムへの投資を拡大し、織物や衣類を生産するために2億米ドルの案件を考えていると語った。

製品は、最新の技術を用いて、汚染を引き起こさずに生産され、会社は環境基準を順守すると彼は述べた。

また、グループはベトナム繊維公団(Vinatex)および商工省との代表と協調して案件を進めるとLee氏は語った。

投資計画省(MPI)は、TALがベトナムへの投資を拡大するのに好都合な条件を整え、外国投資局をTALとの担当窓口とし、案件の進捗をサポートするとSinh副大臣は語った。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年06月25日

このページのトップへ戻る