インドシナニュース

カンボジアの縫製業、拡大中

カンボジア最大の繊維産業の成長を反映して、衣類の輸出と衣料品の材料の輸入のいずれもが、対昨年第1四半期比で17%以上上昇した。

商務省からのデータによると、衣料品輸出と繊維材料の輸入は、今年1月から3月までで17.5%上がり、13億4000万ドルに達した。 そのうち、生産用の輸入材料は7億5300万ドルで、18.3%増加した。

「私たちはこの間、バイヤーからの受注増加に気付きました。また、同時に、毎月新規の工場の数が増加していますし、そうなると、機械と原料を輸入する必要があります。」とカンボジア衣料製造協会(GMAC)高官Cheat Khemara氏は昨日述べた。

繊維産業の成長は他国、特に中国の最低賃金が上昇したためで、それが、多くの工場をカンボジアに進出させたと彼は言った。「私たちカンボジア衣料製造協会(GMAC)は毎月10~15の新規工場か、あるいは、少なくとも4、5社の新しい加盟企業があります。」

カンボジア衣料製造協会(GMAC)には、およそ500の衣料と製靴工場の会員企業があるが、工場の総数は、それより多くて、というのも、多くの企業が協会に加盟していないからである。

カンボジアは原料をアジア、特に中国、日本、および韓国からほとんど輸入しているとKhemara氏は言う。一方で、欧米がカンボジア製衣類のメインバイヤーであると付け加えた。

衣料産業はカンボジアの最大の外貨獲得手段であり、輸出の80%以上を占めている。

 

 

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年06月10日

このページのトップへ戻る