インドシナニュース

ベトナムのアパレル輸出、32%の成長

ベトナムの繊維製品の輸出は2005年から2011年までの期間、32%の成長を見ており、最近の調査に従えば、世界中のどの国のこの分野おいても最も高い成長率となっている。

情報は土曜日にホーチミン市での会議でオランダ外務省傘下対開発途上国輸入促進センター・コンサルタントDhyana Van der Pols女史によって発表された。

ランキングは、中国が15%の成長率で続き、以下、インド10%、トルコ、マレーシア、タイがそれぞれ7%で後に続いた。

ベトナムでの繊維産業の急速な成長は国の政局安定と低い労働コストに起因しているとDhyana Van der Pols女史は述べた。

彼女は、ベトナムはEUのトップ10アパレル輸出国の中に入っていないが、両者間の今後の自由貿易協定(FTA)でベトナムが世界の最大のアパレル消費市場に輸出を増加させる新しい機会を開くと予想されると述べた。

「ベトナムの繊維工業の競争力:国際専門家からの目からの見通し」と題された会議は、CBIとVinatexによって共同開催された。

 

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年04月17日

このページのトップへ戻る