インドシナニュース

ミャンマーのイメージ・チェンジが速度を増し、アパレル製品輸出は10億米ドルを超す

ミャンマー繊維産業は西欧市場へ参入するためにイメージ・チェンジを図ろうとしており、アパレル製品の輸出は順調で、今月末締めの会計年度末には10億米ドルを超すものとミャンマー衣料品製造協会の関係者は言う。

FOB形式の繊維輸出は、12月の時点で8億4800万ドルに達し、委託加工形式の輸出は9800万ドルだったと言う。

「今年は価格が上がり、外国人投資家は繊維産業への投資を目指しています。」と協会関係者は言う。

Lat War縫製工場常務Khin Maung Aye氏は、後発発展途上国からの輸出へについて免税措置が取られる一般特恵関税制度をEUが6月からミャンマーに再適用するようになれば、成長の波が起こると言う。

「そうなれば、縫製工場約2000社現れ、工場では約120万の雇用を創り出されるでしょう。」とKhin Maung Aye氏は言い、3-4ヶ月で投資と注文が増加するだろうと付け加えた。

ミャンマー投資委員会は、今年、工業地帯でのアパレル縫製工場10社の操業をすでに許可したと述べた。

商務省は、EUがミャンマーの繊維産業発展のために技術支援を提供すると発表した。

専門家は、いったん西欧市場への参入を回復すれば、ミャンマー繊維産業は急激に成長できるだろうと言う。ミャンマーの豊富で廉価な労働市場が世界的なメーカーの注目を集めるが、世界的ブランドのバイヤーらを引き寄せるためには、物流を改善し、電力やインフラを改良して、児童労働の禁止などを含む、国際的労働基準へのコンプライアンスを確実にする必要があると専門家らは言う。

ミャンマーのアパレル製品輸出は、2003年に米国の制裁により、この労働集約産業が無と帰す以前は、年間8億ドル以上の出荷額があった。輸出は年間3億ドルまで下がり、8万人以上の労働者が職を失ったと協会は言う。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年04月01日

このページのトップへ戻る