インドシナニュース

カンボジアのアパレル市場、古着輸入は新品の10倍

経済財政省の統計によれば、カンボジアは昨年年初から11ヶ月で6150万米ドル相当の中古衣類79,217トンを輸入し、これは対前年比2%増加している。

輸入中古アパレルは、輸入された新品衣料のおよそ10倍の量である。

2012年1月から11月まで、カンボジアは8,134トンの新品衣類を輸入したが、これは260万米ドルに相当する。

成長しつつあるカンボジアの中流階級は、中古アパレルには新品衣料と同等の品質がありながら、はるかに低価格(しばしば新品衣料品の約10~40%の価格)で買えると気付いていることが、この中古衣類輸入の驚異的なボリュームという結果を導いていると、業界アナリストは考えている。

カンボジアには約450~500のアパレル製造業者があるが、主として輸出市場向けに生産している。

 

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年03月06日

このページのトップへ戻る