インドシナニュース

受注は好調だが、ベトナム繊維輸出業者らの顔は晴れない

輸出オーダーの受注は好調だが、ベトナム繊維輸出業者らの顔に自信に満ちた微笑は浮かばない。

これは、彼らの大部分が昨年より約10%高い価格で多くの輸出オーダーを受けていながらも、他方で、原料コストが10-15%上がっており、オーダーの消化が会社を危機に晒す可能性さえあるからである。

ベトナムネットのレポートによると、世界的な回復基調の下で、ベトナム縫製工場は、主としてアメリカと日本から今年多くの注文を受けている。

ホーチミン市に拠点を置く縫製会社サイゴン2社は、日本の輸入会社から注文された婦人用パンツを実行するためにシフトを組まなければならなかったと会社幹部は言う。

ベトナム繊維協会(Vitas)副会長Pham Xuan Hong氏は、約90%のベトナム縫製工場は2013年6月末まで注文でいっぱいになっており、50%の会社は年末まで計画は十分であると言う。

また、輸出オーダーの増加は新しい雇用を創出するだけではなく、安定収入を生み、労働者の悲哀を緩和したと彼は言う。輸出業者に十分な注文があるので、最良の価格で契約を交渉できる立場にあると言い足した。

しかしながら、受注が好調にもかかわらず、原材料費が高騰しており、輸出業者らは心配している。

商工省によると、ベトナムの今年1月の繊維輸出は、対昨年同期比で28.4%増加し、10億5000万米ドルに達した。

ベトナム政府は、今年の繊維輸出の目標を190億米ドルと設定しており、これは対2012年比で15%増しである。

 

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年03月02日

このページのトップへ戻る