インドシナニュース

カンボジアの縫製業界、巨額の外国投資を呼び込む

カンボジアの縫製産業が、米国や英国といった世界の主要市場への税制上の優遇措置により巨額の外国投資を引き付けている。fibre2fashionとのインタビューで、カンボジア衣料製造協会の業務開発部長Kaing Monika氏は、「カンボジアは、一部の市場においては新しい衣料製造基地になりつつあり、カンボジアの縫製産業は巨額の対外投資を呼び込んでいます。」と語った。

昨年、中国が総投資額1億2100万米ドルでカンボジア繊維産業の最大の投資国となり、つづいて、台湾が1億1200万米ドル、韓国が7000万米ドルとなっている。さらには、シンガポール、米国、マレーシア、日本、タイ、オーストラリア、イギリス、インドといった国々が、2012年にカンボジア縫製産業に投資を行った。

増加する対外投資の理由に関して、Monika氏は「カンボジアは米国への最大衣料供給国の一つであるだけでなく、世界の主要市場へ免税措置の適用が受けられ、労働コストは手ごろで、マクロ経済環境も安定しているうえ、政府によっていくつかのインセンティブも提供されていることで、対外投資を引き付けています。」と言う。

彼によれば、人々が外国人に優しく、天然資源が豊富なことも海外からの資金を呼び込んでいる。

「そのうえ、カンボジアでは、20~49の年齢層の人口が500万以上もあり、労働力だけでなく巨大な市場も形成しています。」と彼は語る。

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年02月20日

このページのトップへ戻る