インドシナニュース

カンボジア縫製業界は2013年については楽観的観測

正月はアジア地域の衣料産業の複雑な見通しを喚起した。業界の代表のいくつかが、産業の繁栄を感じる一方で、他の大多数は、昨年以降、基本的に大きく変化していないと言う。

楽観的グループの代表は、カンボジア縫製業者協会会長(GMAC)Van Sou Ieng氏で、「今年は衣料品輸出の成長が見込まれており、励まされます。」とfibre2fashionに語った。

同様の視点で、パキスタン既製服製造輸出協会(PRGMEA)研究役員Ibrahim Mahmood氏は「私たちは2013年の間、織物と衣類の輸出のかなりの増加を予想しています。すでに主にEUと米国からの引合がかなり増加しています。」と言う。

「10月に、EUは、75個の製品、主に織物の上の自主通商特恵(ATPs)の法案を可決し、輸入関税は2013年12月末まで自主通商特恵により中断しました。また、2014年1月から、私たちがEUにおける輸入関税がほとんどすべての製品のために中断するGSP Plusへの資格を得ると予想されます。」と言う。

彼によれば、中国がコスト高になり、バングラデシュがキャパシティーがいっぱいになっているので、安値に綿の国内供給ができ、労働コストも廉価なパキスタンが国際バイヤーにとって好都合な目的地になると言う。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年01月14日

このページのトップへ戻る