インドシナニュース

カンボジア:Tai Yang社ストライキ、仲裁機会を逸す

ギャップとリーバイスに商品を供給している3つの工場での数ヶ月のストライキのために首になったと言う縫製工らは補償を求めているが、障害に直面している。

木曜日に言い渡された判決において、Kandal州Ang Snuol地区のTai Yang Enterprisesは、ストライキ終結を求めた会社側と地方裁判所命令を無視した後、8月に仕事を失った53人の労働者に対し、復職、あるいは、解職手当支払の義務はないと仲裁委員会は述べた。

仲裁委員会は「会社側対する53人の労働者の復職、あるいは、解職手当の支払いの要求を認めない」との判決だった。

労働者は地方裁判所の強制命令を認識しながら無視したと判決文書は付け加えた。「それで、仲裁委員会では労働者側は自主的に職務を放棄したと認めた。」

6月25日に、年功手当を求めて数千名がTai Yang第1工場、第2工場及びCamwellの 3つの工場の外でストライキをした。

ストライキはピーク時には4,000名が参加したが、ほとんどの場合100名足らずで、2ヶ月以上の間続いた。

会社経営陣は、ストライキは600万米ドル以上の損失をもたらしたとし、1つの工場を閉鎖した。

ブラック・リストに記載された労働者は、昨日、判決に怒りを表した。

「不当判決だ。我々は間違っていない。」と労働者の代表Pho Han氏は言い、ストライキ側は裁判所命令に従ったにもかかわらず、会社側に締め出されたのだと主張した。労働者にストライキを煽動したという申し立てについて裁判所で証言したカンボジア労働組合連盟理事長Rong Chhun氏は、会社側には支払の義務があると言う。

国際労働連帯米国センターのカントリー・マネージャーDave Welsh氏は、他の補償方法を希望した。

「現在まだ渦中にあって、[争議は]、進行中の問題です。」とWelsh氏は言い、判決は会社側の潔白を証明したものではないと付け加えた。

「最小限の状況よりましな個人的合意があれば、どんなものでも歓迎しますが、それを下回ることは認められません。[手当を]認めないために、法律用語を故意に誤用することはできません。」と彼は言う。

Tai Yang社マネージャーWu Minghuor氏は、判決は的を得ていると言う。

「我々は労働者に多くの可能性を与えたのに、彼らは戻って来ることを拒否したのです。」と彼は言った。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2012年12月24日

このページのトップへ戻る