インドシナニュース

ベトナム繊維産業、170億米ドルの輸出目標を達成できず

ベトナム繊維業界は今年設定された170億米ドルの輸出目標を成し遂げることができるかどうか疑わしいとベトナム繊維協会(Vitas)は発表した。

11月のベトナムの繊維輸出金額は、対前月比で3.4%下がり、13億米ドルとなった。

そのため、11月までのベトナムの輸出総額は137億8000万米ドルとなり、年間目標の170億米ドルを達成するのは疑わしいとベトナム繊維協会(Vitas)副会長Pham Xuan Hong氏は述べた。

今年主要市場にてベトナムからの輸出の大きな後退が見られたとベトナム繊維協会(Vitas)当局者は言う。EUへの輸出は昨年と比較しておよそ15%下落し、この傾向は来年も続きそうであるとベトナム・ニュースは報告した。

収益低下のもう一つの理由は、顧客がコスト削減のため高級ゾーンから中級ゾーンへ製品の焦点を移したことである。

従来市場に頼らず、新規顧客の開拓が必要で、日本、韓国、米国以外の国での機会を調査することに集中しなければならないことをベトナム繊維協会(Vitas)は示唆した。

こうして、協会は繊維輸出の増大をトルコなどの中東やアフリカや中国を念頭に置いており、2013年には業界での売上増を見込んでいる。

さらに、日本のバイヤーの中には、日本への輸出に積極的なベトナム・メーカーとの契約を結ぶところが増えている。

一方、商工省はタイやマレーシアや香港との貿易促進プログラムを立ち上げ、国内会社のこれらの市場への輸出を援助する構えでいる。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月18日

このページのトップへ戻る