インドシナニュース

ミャンマーで縫製工場と材木工場でストライキ

Dagon Seikkan町の縫製工場と材木工場のミャンマー労働者はこのたび、昇給と補償を求めてストライキに入った。

11月5日に、Golden Day縫製工場では、経営陣が工場を一時閉鎖する計画で、彼らの10月の賃金を支払わなかったので、縫製工らがストライキを始めた。労働者は11月16日までストライキ行動を続け、工場が閉鎖されるならば、3ヶ月分の補償を要求した。

ある縫製工は言う。「労働省は問題解決に来ました。けれど、オーナーはなしのつぶてです。」

ごく最近、Hlapa Thawの材木工場で、34人の労働者が同じく、低賃金と虐待に抗議してストライキに入った。

「労働省が来て、問題の交渉をしました。しかし、まだ解決が見られません。材木工場の労働者たちは期日通りに給料を支払らってもらえなかったので、ストライキをしました」とHlapa Thaw工場の労働者を擁護するNay Linnは言う。

両工場の代表は、行方がわからず、コメントをとれない。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年11月22日

このページのトップへ戻る