インドシナニュース

脱中国シフトのチャンスも、、、業界に因りけり

近年、日本企業の中国からアセアン諸国への生産シフトの波は強くなる一方である。ベトナムでも、すべての業界がこのシフトの流れの恩恵を受けるわけではない。

 

<繊維が真っ先に>

昨年来、ファンティエット縫製輸出会社(PTG)はビントアン省に15ライン、工員約800名の工場を建設中である。現在、この会社は全部で47ライン、総従業員は2300名でさらに200名必要である。

ファンティエット縫製(PTG)の新工場は2012年4月位操業開始した。ファンティエット縫製(PTG)社長Huynh Van Nghi氏は、生産キャパを増やすのは日本顧客の注文を受けるためである。

ファンティエット縫製(PTG)の操業は19年に及ぶ。かつては欧米向けの生産が中心で、日本の注文は同社の全生産量のわずか5-10%程度のみだった。けれども、この2年間で日本の顧客が積極的になり、ファンティエット縫製(PTG)は徐々に日本向けの生産へ切り替えていった。Nghi氏によれば、「最近の日中関係は本当に緊迫しているが、日本人はこれ以前にも、2-3年前から調整しようとしていた節がある」

今年10ヶ月の日本への出荷額は2500-2600万米ドルで、対昨年同期比で10%増加している。現在、同社の生産計画は2013年3月まで埋まっている。Nghi氏によれば、日本の顧客は来年も経済情勢は容易ではないが、彼らはファンティエット縫製(PTG)に対し、2013年4月以降これまで以上に量をこなしてほしいと要望している。

ドンナイ縫製株式会社(Donagamex)は、仮に昨年日本向けの輸出注文が全体の48%を占めていたとすれば、今年は60-70%を占めるまで増加した。ドンナイ縫製(Donagamex)の今年10ヶ月の日本向けのワーキングウェア、あるいは、スポーツウェアの輸出金額は3000万米ドルまで達している。

ドンナイ縫製(Donagamex)副社長Vu Dinh Hai氏は、同社では2013年9月まで日本向けのオーダーが入っているという。一部の顧客は中国からのシフトの流れだという。

ドンナイ縫製(Donagamex)では、ビンフック省とドンナイ省のXuan Loc地区に新工場を建設した。ドンナイ省の新工場は今年3月に工員の募集を始め、ビンフック省の新工場は建設の最終段階に入り、来月より工員の募集を開始する。Hai氏によれば、この2つの新工場は2015年までに5000人の工員を必要とする。

ベトナム繊維協会(Vitas)によれば、現在、日本はベトナム繊維製品の輸入市場としては、アメリカ、ヨーロッパに次ぐ第3位の市場である。具体的には、今年の年初から9ヶ月のベトナム繊維製品の輸入額は14億米ドルで、対昨年同期比で18.8%増加している。

また、同じくベトナム繊維協会(Vitas)によれば、今年年初、7ヶ月のデータでは、ベトナムは日本市場へ輸出している国々の中で第3位に位置し、10億米ドル以上であり、これは中国(161億米ドル)、EU(12億米ドル)に次ぐ。留意すべきは、日本市場への繊維製品の輸入金額で、中国は若干(0.6%)減少し、他の国は若干増加している中で、ベトナムからの輸入は大きく(22%)増加している。

 

<プラスチックはがっかり>

(省略)

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年11月20日

このページのトップへ戻る