インドシナニュース

ベトナム・中国の合弁織布・染色事業が設立へ

ティエンナム繊維·投資開発JSC(ベトナム)とサンライズ・テキスタイル有限会社(中国・嵊州)との間の合弁事業ティエンナム・サンライズ(Thien Nam Sunrise)織布染色株式会社が、2012年11月5日にホーチミン市で調印された。

プロジェクトは投資総額2400万米ドルで、総面積は、7.5ha。予定では、2013年末に稼働に入り、月産1万メートルの布帛、300トンのニット製品を生産する規模となる。ティエンナム・サンライズの合弁事業は繊維と織物染色の分野において世界の先進的な技術を導入し、ナムディン省のバオミン工業区にてサプライ・チェーンを形成、ベトナム繊維・衣料産業の生産能力増強に貢献し、輸出と国内消費用に高級繊維製品を生産する。操業が開始されると、1500名の地元の労働者の雇用が創出され、ナムディン省の社会経済の発展に貢献することになる。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年11月09日

このページのトップへ戻る