インドシナニュース

カンボジア繊維産業に良好の兆し

何千もの衣服労働者が毎日行き来する被服縫製工場は、カンボジアのプノンペンからakmao都市への国道2号線沿いには縫製工場が点在し、数千もの労働者が毎日通勤している。国道2号線周辺は、カンボジアへ最初に来た先駆けの縫製工場が多数あるが、現在では縫製工場、染色工場、プレス工場が集まるのはここだけではない。縫製工場は他の地域、特に首都の西部および北部で急成長してきた。

衣料産業は、カンボジアで最大の産業で、過去十年間の経済成長の重要な要素の一つである。

この産業は、経済財政省関税消費税総局によって収集されたデータによれば、2011年にカンボジアの国内総生産(GDP)の約17.4パーセントに相当し、2011年にほぼ50億USD、すなわち輸出総額の80%を占めた。

現在、カンボジア縫製業者協会(GMAC)には、338の縫製会社が加盟しているが、そのすべてが輸出志向の工場であり、350,000人の労働者(その大多数は女性)を雇用している。

カンボジアの投資委員会(CIB)からのデータによれば、合計72のプロジェクトが今年の前半に承認された。それらのプロジェクトのうち、49は縫製業界に含まれ、業界全体の輸出は今年上半期に8.7%上昇し、21億USDになった。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2012年09月06日

このページのトップへ戻る