インドシナニュース

ベトナム:オンライン・デリバリー・サービスの急成長

新型コロナパンデミックの発生は、消費者の販売行動に対する認識や計画に変化をもたらし、多くの既存企業がオンライン・デリバリー・サービスに強くシフトした。

この新しいトレンドは、多くの既存企業に新しい機会をもたらし、オンライン・デリバリー部門を拡大または新設し、解雇された多くの労働者に仕事を提供した。Grab、Be、Baeminなどの企業は、新型コロナのパンデミックが続く中、デリバリーサービスで繁栄し続けている。

 

消費者へのリーチ競争

食品から航空券やバスのチケットまで、膨大な商品をアプリでクリックするだけでデリバリーサービスを利用できる現在の傾向は、多くの消費者、特に若い消費者にとって便利で柔軟なソリューションとなっている。消費者が選んだ食料品が玄関先まで届けられ、支払い方法も現金、カード、電子財布のいずれかを選択できるなど、非常に柔軟性の高いものとなっている。

Grab社は、2020年12月末より、既存のインフラをより革新的に活用して、ライドハイアリングサービスにショッピングやホームデリバリーのサービスを追加した。この新しい宅配サービスにより、Grab社は、同社の広大なネットワークを持つ消費者に、同社アプリにリンクされた従来市場からオンラインで商品を購入することが可能となった。これに加えて、Grabは、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、その他のフードチェーンで新鮮な果物や野菜をオンライン注文で購入できるGrabMartサービスを追加した。

Grabの前には、ベトナムのライドハイリングアプリBeが、必要な食品を顧客に届ける独自のデリバリーサービスを導入していた。また、Baeminも消費者向けに食品の宅配サービスを行っている。これらの宅配サービスはいずれも素晴らしい成長率を記録しており、特にBe社は導入当初から200%~300%の成長率を示している。GrabMartも安定した高い成長率を維持しており、特にGrabがBig CやCoop Martなどの大手チェーン店と手を組んでからは、より多くの家庭の消費者にリーチしている。

食料品の配達サービスという概念は、ベトナムでは新しいものではない。2018年には、Now Appがこのサービスをユーザーに提供したが、今では新型コロナのパンデミックにより、特に食品や医薬品などの日常生活に欠かせないニーズに対して、このサービスの有用性がさらに高まっている。また、パンデミックが後退した後も、このようなサービスが盛んに行われるのかという疑問を持つ人もあるだろう。だが、この便利さは習慣化されているので、なかなかなくならない。その典型的な例が、先のフードオーダーサービスである。市場調査会社ニールセン・ベトナムの調査によると、最大64%の消費者が、新型コロナのパンデミックが終わった後も、フードデリバリーサービスをより頻繁に利用すると答えている。

しかし、いくつかの企業がデリバリーサービスの開発に迅速に動いている中で、有名なGojek社はそれを控えている。Grabアプリを開くと、配達、買い物、支払いなどのサービスをすぐに見ることができる。Be Appでは、車の予約、配達、買い物、バスや航空券の予約などを見ることができる。一方、現在市場で最も発展しているライドハイリング会社のトップ3の1つであるGojekのアプリでは、バイクの予約のみで、フードデリバリーの他に車の予約はない。消費者からは、Gojekがより便利なサービスを導入するのを期待されている。

 

雇用機会の増大

デリバリーサービスの開発は、巨大な消費者層のニーズを満たすだけでなく、容赦なく続く新型コロナパンデミックで職を失った多くの人々に、より多くの雇用機会を提供している。統計局によると、2020年12月時点で、新型コロナパンデミックの影響を受けた15歳以上の人々は3200万人を超えている。この数字には、仕事を失ったり、労働時間を短縮しなければならなかったり、現時点で収入がほとんどない人も含まれている。経済分野では、サービス業が最も大きな被害を受けており、次いで工場、製造業、建設業、最後に農林水産業となっている。

多くの労働者は、現在の非常に厳しい状況の中、家族を養うためにこのような仕事に向かわなければならない。ベトナム労働総連合会は、最近の労働事情報告の中で、失業者や解雇された労働者が、Grab、Be、Now、Gojekなどのテクノロジーサービス企業で働くようになる傾向があると述べているが、これは、簡単にアクセスでき、自分の意志で辞めることができる仕事だからだ。また、この仕事にはストレスやプレッシャーがなく、現金の支払いは迅速かつ多額で、仕事の時間帯も非常に柔軟である。

しかし、このような仕事へのシフトは、パンデミックが完全に終息するまでの一時的な解決策に過ぎないと考えられている。企業で訓練を受けた大学卒の若い労働者たちは、パンデミックの間、この方法でお金を稼いでいる。ホーチミン市職業教育協会の副会長であるTran Anh Tuan氏は、Saigon Investmentとのインタビューで、資格や訓練を受けた若い人たちが短期的なコミットメントのためにこれらの仕事を選ぶことは、仕事を見つけるのが難しいこの時期に好都合であると認めた。しかし、将来のキャリアとしてこれらの仕事を選択し、高い給料を得ることを望んでいるのであれば、それは現実からは程遠い。

より便利なサービスへの参入やテクノロジーの活用は、新型コロナの流行の中でも盛んに行われており、新しいタイプの消費者市場にいくつかの新しいビジネスチャンスをもたらしている。3月中旬、シンガポールの保険会社であるIgloo社がベトナムに正式に進出し、ベトナムのフードデリバリーとEコマースのスタートアップであるLoship社と提携した。Loship社は、フードデリバリー、カーオーダー、ショッピング、ランドリー、薬、さらにはフラワーデリバリーなど10以上のサービスをアプリで提供している。Loship社は、Igloo社との提携により、7万人のドライバーに仕事を提供し、消費者が注文を受けなくても配送料が支払われる。この保険には月額28,900ドンの費用がかかるが、注文の受取拒否による損害を最小限に抑えるためには有効な手段である。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2021年04月06日

このページのトップへ戻る