インドシナニュース

ベトナム:東南アジアで最もアクセス数の多いECサイトのトップ10にランクインした企業

才能は、国内企業が持続的な成長のために改善すべき重要な要素である。

 

最新のEコマース2020年末レポートによると、東南アジアの消費者に影響を与える世界的なパンデミックにもかかわらず、ベトナム企業5社が東南アジアで最も訪問されたEコマースサイトのトップ10にランクインした。

SimilarWebとAppsFlyerと共同でECアグリゲーターであるiPrice Groupが実施したレポートによると、ベトナムのECプラットフォームは、thegioididongとBach hoa xanh(それぞれ2860万回、880万回のアクセス)、Tiki(2250万回)、Sendo(1,430万回)、FPT Shop(880万回)。

AlibabaとSEAが支援するShopeeとLazada、そしてインドネシアのTokopedia、Bukalapak、Blibliなど3つのスタートアップ「ユニコーン」もリスト入り。

ベトナムの3つのプラットフォーム、thegioididong、Tiki、Sendoは、2020年第1四半期から第4四半期までのECサイトのウェブ訪問者数上位の5位、6位、8位を維持した。

Shopee VietnamのManaging DirectorであるTran Tuan Anh氏は、2020年はEコマースにとって特に変革の年であると見ている。消費者が社会的な距離を置くために家に閉じこもるようになったため、消費者は日常的なニーズだけでなく、娯楽や交流のためにオンラインプラットフォームを利用するようになった。

「これにより、オンラインショッピングは、純粋な取引からよりソーシャルな体験へと進化し、ECプラットフォームは、ゲームやライブストリーミングなどのインタラクティブな要素を取り入れて、ユーザーを惹きつけていきました」とTuan Anh氏は言う。

報告書によると、ベトナムをはじめ、フィリピン、マレーシア、タイ、インドネシアなどのASEAN諸国では、オンラインショッピングプラットフォームのウェブサイト全体のトラフィックが前年比でプラスに増加している。

「新型コロナの影響を受けて、ベトナムの主要EC企業は、トレンドを捉えるために迅速な対応を取りました。新型コロナの影響を受けたベトナムの主要Eコマース企業は、トレンドをつかむために迅速な対応を行いました」とiPriceの代表は言う。

Google社、Temasek社、Bain & Company社が最近発表したレポートによると、持続的な成長を実現するためには、企業が改善すべき重要な要素として人材が挙げられている。

「人材の発掘・育成は、これからのECビジネスに "推進力 "をもたらす要因のひとつになり得えます」とiPriceの代表は述べている。

10億ドル規模の電子商取引市場で、より大きな「パイ」を手にすることができるのは、いち早く準備をし、市場を予測し、戦略を実行した者だ。しかし、この成功は一夜にして達成できるものではない。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2021年03月24日

このページのトップへ戻る