インドシナニュース

カンボジア:中国がカンポンスプー州に20のアパレル・靴工場を提案

3月17日、コンポンスプー州知事によると、新型コロナが猛威を揮っているにもかかわらず、中国の投資家たちは絵のように美しく、眠っているようなコンポンスプー州に機会を求めて集まっているという。

Vei Samnang氏がThe Postに語ったところによると、プノンペンの西12kmの国道4号線沿いに位置する南西部の同州では、中国の投資家からアパレルや履物工場のための少なくとも20の新規プロジェクトの提案が行われているという。

同州知事は、国内および世界各地で行われている新型コロナのワクチン接種は、パンデミックの影響で低迷している同州のアパレル産業への投資に有利に働くと述べた。

カンポンスプーでは20の新工場をすぐに迎え入れ、新型コロナの状況が改善されたときに生産を開始できることを期待していると同州知事は述べた。

「カンボジア、そしてコンポンスプー州に投資機会をもたらしている属性は、平和、戦略的な地理的位置、適切なインフラ、将来性のある労働力です。新型コロナの深刻な発生により、投資家が国内に入ってこなくなり、仕事が滞っていますが、私たちはこれからも前進し続けます」とSamnang氏は述べた。

同氏は、20の工場で約5万人の労働者が必要になると試算し、州では約7000人が不足すると指摘した。

Samnang氏は、コンポンスプー州には7500の「工場・企業」があり、そのうち335が「大規模企業」であると主張した。

また、153のアパレル工場があり、そのうち43の工場がアメリカへの輸出用に製造しているという。

労働職業訓練省のHeng Sour報道官が1月にThe Postに語ったところによると、2020年には129の工場が閉鎖され、7万1202人分の雇用が失われ、そのうち5万7794人分は女性が占めていると言う。新型コロナの大流行がこの事態の主な原因として挙げられている。

しかし、雇用の減少は、新しいアパレル工場の開設により、2万3208人の労働者に雇用が提供され、そのうち1万7638人が女性であることで一部相殺されているとのことである。

「労働部門の状況は、今年に入ってから徐々に正常化しています。新型コロナ危機が終われば、カンボジアのアパレル部門全体が正常に戻る可能性があります」とSour氏は語った。

カンボジア国立銀行(NBC)によると、カンボジアは2019年に35億米ドル以上の外国直接投資(FDI)を誘致し、2018年に比べて約12%増加したが、これは投資額の半分を占めた中国の投資家のおかげでもある。

NBCは「Macroeconomic and Banking Progress 2019 Report and 2020 Outlook」レポートの中で、FDI総額は35億8800万米ドルに達し、2018年の32億1200万米ドルから11.7%増加したと述べている。

そのうち、金融部門は23億8500万米ドル相当の外国直接投資(FDI)を受け、非金融部門は12億300万米ドルを受けた。

国別の内訳を見ると、中国の外国直接投資(FDI)が43%、韓国(11%)、ベトナム(7%)、日本とシンガポール(6%)、その他の国(27%)となっている。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2021年03月23日

このページのトップへ戻る