インドシナニュース

ベトナム:繊維・アパレル産業、グリーンで持続可能な開発を促進する

新型コロナ大流行の影響により、ベトナムの繊維・アパレル輸出は2020年に10.5%のマイナス成長となり、2019年の390億米ドルと比較して350億米ドル以上の減収となった。

同国の繊維・アパレル業界は、世界の新しい正常な状況に素早く適応するために、多くの柔軟な解決策を実施してきたが、それでもまだ困難は残ると予測される。

この分野の企業は、生産に集中し、市場での競争力を高めるために製品価値を高めながら、持続可能な開発のための戦略を持つ必要がある。

商工省の統計によると、2021年1~2月の繊維・アパレルの輸出額は約59億6000万米ドル、輸入額は約31億6000万米ドルで、約28億米ドルの貿易黒字となっている。特に、同産業の付加価値は55.4%と非常に高く、市場の繁栄の兆しを示している。

また、繊維・アパレル業界の統計によると、ほとんどの企業が今年6月までの注文を受けている一方で、ニットウェアやカジュアルウェアなど消費量の多いアイテムは9月までの注文を抱えている。

これは、ベトナムの繊維・アパレルの回復を反映しており、特にベトナムは新型コロナ大流行危機後に再構築された世界のサプライチェーンの中で良い位置を占めている。

しかし、パンデミックは予測不可能な展開を見せるため、早急に対策を講じなければ、企業は多くのリスクに直面することになる。パンデミックが世界的に猛威を振るえば、サプライチェーンが寸断され、受注が減少する。逆に、アパレルや繊維製品の工場でパンデミックが発生すると、工場を隔離しなければならず、注文に応じた生産を行うことができなくなる。

経済的な損失だけでなく、長期的には、世界のサプライチェーンにおけるベトナムの繊維・アパレルの地位も揺らぎ、他の競合企業に取って代わられる可能性もある。

そのため、事業所での疾病予防と管理を厳格に実施する必要がある。同時に、企業は今年の輸出収入を390億米ドルにするという目標を達成するために、生産、生産性、製品品質の促進に注力する必要がある。

また、EU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)、環太平洋包括的経済連携協定(CPTPP)、地域包括的経済連携協定(RCEP)などの新世代の自由貿易協定を活用するために、企業は情報や市場を注意深く調査する必要がある。

設定した目標を効果的に実行するために、2021年から2025年までの開発戦略を定義する時期に来ている。この戦略では、新型コロナ大流行後に急速に変化する市場の動向に適応するための基盤を作るために、紡績・染色業界のビジョンを持った技術ソリューションを明確に定義する必要がある。

同時に、再生可能エネルギーの利用、水資源の効率的な利用、工場の持続的な発展など、繊維・アパレル業界のグリーントレンドを推進する必要もある。

また、綿密な開発に注力し、高付加価値製品の生産量を増やし、ガバナンスを改善し、ビジネスを再構築する一方で、原材料のサプライチェーンを強化し、ベトナムの繊維・アパレルブランドを世界市場に投入するための接続戦略を構築することも重要。

さらに、政府は2030年までのセクター開発戦略を早急に承認し、2035年までのビジョンを掲げ、新世代の自由貿易協定の原産地要件を満たすために、集中的な廃水処理システムを備えた大規模な繊維・アパレル工業地帯の形成を指示し、織布・染色への投資を誘致する必要がある。

また、ビジネス発展のための「プラットフォーム」を構築するために、マクロ経済の安定性、為替レート、金利を維持しつつ、長期ローンの金利を継続的に引き下げる必要がある。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2021年03月22日

このページのトップへ戻る