インドシナニュース

ベトナム:繊維業界、受注の回復により困難を克服できる見込み

ベトナムの新型コロナワクチン接種プログラムが大規模に開始された後、2021年の初期に繊維・アパレルの注文が再び増加している。この分野の企業は、市場機会によって業界が困難を克服し、パンデミック発生前の期間の収益レベルを徐々に回復すると期待している。

 

受注の増加

Hung Yen Garment Corporationは、2020年に新型コロナのパンデミックにより多くの困難に直面し、2019年に比べて収益が約5%減少した。しかし、新型コロナのワクチン接種プログラムが開始された2021年初頭、同社では徐々に受注が戻ってきている。

Hung Yen Garment Corporationの取締役会長であるNguyen Xuan Duong氏によると、同社は現在、米国市場(50%以上)、欧州、日本を中心に2021年7月末までの注文を抱えているという。

「Hung Yen Garment Corporationは、2020年の赤字を補うために、2021年に5~10%の成長を見込んでおり、2019年に比べて微増しています」とNguyen Xuan Duong氏は語った。

糸部門については、年初は通常繊維製品の需要が上がる時期ではないが、Dalat Worsted Spinning Companyの2021年上半期の受注は、2020年上半期とほぼ同等になっているという。

「2021年は確かに難しい年になるでしょうが、当社の製品は主に市場が改善している欧州に輸出されています。また、EU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)により、欧州への繊維・アパレルの輸出に弾みがつくことは間違いありません」と、Dalat Worsted Spinning CompanyのCEO、Alessandro Di Palma氏は語る。

受注の増加は、繊維・アパレル業界の輸出額を押し上げるのに役立っている。商工省の統計によると、2021年1~2月の繊維・アパレルの総輸出高は59億5400万米ドルに達し、輸入高は31億6700万米ドルに達した。2021年1〜2月の繊維・アパレルの輸出額は59億5400万ドル、輸入額は31億6700万ドルで、貿易黒字は32億9900万ドル、付加価値率は55.4%と極めて高い水準にある。

これは、パンデミックから1年が経過し、企業が適切な方向性を模索したことによるもので、また、世界各国で新型コロナワクチンの接種が開始されたことで、人々の信頼感が高まり、繊維・アパレルをはじめとする消費者需要の喚起にも貢献している。

Vinatexの取締役会社長であるLe Tien Truong氏は、パンデミックの存在にもかかわらず、世界の繊維・アパレル市場は徐々に活気を取り戻していると述べた。製品の数や価格はまだ2019年に見られたレベルには戻っていないが、2021年第1四半期の市場の兆しは、2021年全体に設定された業界の目標が実現可能であることを示している。

 

問題解決策を多様化し、390億ドルの目標達成へ

ベトナムの繊維・アパレル業界は、2021年に約390億米ドルの輸出収入を得ることを目指している。ベトナム繊維協会のVu Duc Giang会長は、繊維・アパレル業界は、締結された自由貿易協定(FTA)から大きなチャンスを得ている、と言う。

特に、地域包括的経済連携(RCEP)は、業界に弾みをつけ、新型コロナのパンデミックがまだ抑えられていない一部の市場を代替することも期待されている。同時に、自由貿易協定(FTA)は繊維・アパレル業界が投資を呼び込み、原材料の供給を増やすための魅力的な力でもある。

しかし、パンデミックが収束したときにチャンスを掴むためには、長期的な解決策を検討し、産業の持続的発展のための基盤を構築する必要がある。

そのためには、2021年から2025年までの開発戦略を策定する必要がある。紡績・染色業界のビジョンを示す技術ソリューションを明確に定義し、新型コロナの大流行後に急速に変化する市場の動向に適応するために自動化に焦点を当てることが望まれる。

この業界では、再生可能エネルギーの節約や水資源の効率的な利用、工場の持続可能な開発などを通じて、グリーンアジェンダを構築する必要がある。

また、原材料のサプライチェーンを開発し、ベトナムの繊維・アパレルブランドを世界市場に広めるとともに、ベトナムの繊維・アパレルブランドをさらに世界の小売チェーンに乗せるための接続戦略を構築することも重要である。

特に企業は、収益や受注を回復させ、サプライチェーンでの地位を強固にするために、生産性と製品の品質を2019年のレベルにまで高める必要があると、Truong氏は述べている。

Duong氏は、繊維・アパレルの注文は戻ってきたものの、以前のようなピーク需要に達することはできない、と言う。そのため、繊維・アパレル企業は国からの支援政策を必要としている。企業に対する減税や地代の支払い期限の延期に加えて、土地政策や関連法の更新・更新が必要である。

また、国内企業の能力を高め、輸出量と輸出額を増やし、繊維・アパレル企業の利益を上げるために、繊維・アパレルのクローズドチェーンの構築を促進することも重要である。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2021年03月18日

このページのトップへ戻る