インドシナニュース

ベトナム:繊維・アパレル製品輸出、米国市場でシェアを拡大

新型コロナウイルス(COVID-19)の大流行により、世界のファッション産業がさまざまな課題に苦しんでいるにもかかわらず、ベトナムの繊維・アパレル産業は、米国や欧州などの主要地域に向けて市場シェアのプラス成長を記録している。

マッキンゼーが昨年末に発表した報告書によると、世界のファッション産業の利益は93%減となり、10以上の大手ファッションブランドが倒産し、米国のファッションサプライチェーンでは約20万人の労働者が職を失ったという。

また、ベトナムの繊維・アパレル製品の市場シェアは昨年、途切れることのない生産活動により成長を遂げ、米国市場で初めて20%のシェアを獲得し、数ヶ月間市場シェアをリードしてきた。

1月だけでも現地の繊維・アパレル産業の輸出額は前年比3.3%増の約26億米ドルとなり、そのうち一部の製品は9%から36%の高成長率を記録した。

今年、ベトナムの繊維輸出が10.5%のマイナス成長率を記録したのは25年ぶりで、2019年の390億米ドルと比較して350億米ドルにしか達していない。

これにもかかわらず、世界的な総計が22%以上減少する中で、現地の繊維・アパレル産業の業績は比較的肯定的に捉えられている。

Vinatex社長のLe Tien Truong氏は、世界の繊維市場は2022年の第2四半期に跳ね返ると予想されていると述べ、新型コロナ大流行による複雑な展開のため、この分野には多くの課題が待ち受けていると付け加えている。

これに伴い、国内の繊維・アパレル産業は今年、約390億米ドルの輸出額を達成すると予想されており、地元企業は市場の拡大を後押しし、EU・ベトナム自由貿易協定(EVFTA)や包括的かつ進歩的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)などの自由貿易協定(FTA)の恩恵を最大限に活用して輸出を強化することが期待されている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2021年02月20日

このページのトップへ戻る