インドシナニュース

ベトナム:1月の繊維輸出収入は26億ドルに上る

2021年1月の繊維製品とアパレル製品の輸出は、商工省によると、前年同期比3.3%増の26億米ドルと推定された。

同省によると、2021年1月の織物生産指数は前年同期比16.6%増、アパレル生産指数は同9.9%増となった。織物生産は9240万平方メートルで、20.4%増加したと推定される。

ベトナム繊維協会(VITAS)会長のVũ Đức Giang氏によると、新型コロナのパンデミックは2022年までこの分野に影響を与え続けるだろうという。

2021年の第1四半期と第2四半期に新型コロナワクチンが入手可能になれば、2023年末までにパンデミックは抑制されると予想される。その後、繊維・アパレル市場は回復する可能性がある、とGiang氏は述べた。

VITASの会長は、パンデミックの影響で、ベトナムの伝統的な輸出衣料品を含むアパレル製品の世界的な購買力が70~80%低下しているため、繊維・アパレル企業は生産とビジネスモデルを変えなければならないと述べた。

これはベトナムの繊維・アパレル産業にとって大きな課題である。Giang氏によると、企業は今年の生産とビジネスの解決策を見つけるために、国内と世界の市場の変化を学ぶ必要がある。

国内の繊維・アパレル産業は、特にベトナムやアセアンと貿易協定を結んだブロック内の国々との生産チェーンを構築する必要があると彼は述べた。

また、繊維・アパレル産業は、ブランドや世界の消費者のニーズに応じた生産やビジネスモデルの変更を含め、持続可能な発展戦略を持つ必要がある。基準、原産地証明書、環境保証、省エネ、再生可能エネルギー、製品の安全性の認証に注意を払う必要がある。

繊維・アパレル産業の持続可能な開発計画を実施するために、VITASは、2030年から2040年の間に繊維・アパレル開発戦略を発表することを商工省と政府に提案している。これにより、供給不足に直面している素材を生産する工業団地に投資を呼びかけるための有利な条件が整うことになる。

商工省は、繊維・アパレル産業は最近締結された自由貿易協定、特に主要市場への輸出を増加させる可能性から大きな発展の機会を得ていると述べた。

中でも、2020年11月に締結された地域包括的経済連携協定(RCEP)は、ベトナムの繊維・アパレル製品に機会を創出するとともに、一部の他の輸出市場に取って代わることが期待されている。なぜなら、パンデミックはコントロールされていないため、欧州などベトナムの主要な繊維・アパレル輸出市場に大きな影響を与えるからである。

このように、RCEPは2021年以降のベトナムの繊維・アパレル産業の生産と事業活動にとってプラスの要素となる。

Vinatex会長のLê Tiến Trường氏は、アパレルメーカーの努力に加えて、政府は新しい自由貿易協定に含まれる原産地規則を満たすための素材生産への投資だけでなく、新たな要件を満たすことができるように借入コストを下げることを検討すべきだと述べた。

また、政府がアパレル部門の発展を支援するための具体的な政策を導入し、物流コストやその他の税負担を軽減するよう関係機関に指示することを提案した。

同時に、商工省は原産地規則に関するガイドラインを発行し、企業が自由貿易協定のメリットを検討するためのポータルを開設することで、企業が自由貿易協定を最大限に活用できるよう支援し続けるべきである。

Vinatexによると、ベトナムは今年、390億米ドル相当の繊維製品を輸出することを目標としている。

昨年のベトナムの繊維輸出収入は、パンデミックの影響に加え、米中貿易緊張、保護主義、Brexitの影響もあり、350億米ドルと見積もられている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2021年02月19日

このページのトップへ戻る