インドシナニュース

ベトナム:国内小売店は2021年にシェア拡大を目指す

現地の小売市場は2021年に2桁の成長率で成長すると予測されているため、国内の小売業者は年初からシェア拡大のために全国各地で出店を急いでいる。

2月3日水曜日には、Saigon Co.opの高級スーパーマーケットシステムであるFinelifeがHCM市7区に4店舗目をオープンした。Finelife Supermarket Urban Hillと名付けられたこの店は、生鮮食品、加工食品、化粧品、惣菜、果物、野菜、飲料など、1万7000以上の地元および輸入のオーガニック商品を取り扱っている。

Finelife Supermarket Urban Hillは、ベトナムで初めて自動電子ラベル技術を採用した高級スーパーマーケットであり、セルフレジカウンターを持つ地元のスーパーマーケットとしても初めての店舗である。

1月初め、Saigon Co.opは、Phú Yên、Sóc Trăng、Cần Thơ、Cà Mauの各省にCo.op Foodの新店舗をオープンしたと発表した。

2025年までに、Saigon Co.opは、競争力を高めるために、Co.opマートとCo.op食品店の投資効率を改善し、大規模店舗を開発することを優先して、少なくとも2000店舗にネットワークを拡大することを計画しているとSaigon Co.opのNguyễn Anh Đức社長は述べた、とcongthuong.vnは報じた。

短期的には、Saigon Co.opは、現在の41%から43%から45%の間に市場シェアを拡大するために努力している、とĐức氏は同紙に語った。

もう一つの小売大手であるモバイル・ワールド投資株式会社(MWG)は、1月に多くの新規店舗をオープンした。

MWGは2021年末までに、全国に1000店舗を展開し、売上高を2020年の10倍の5兆ベトナムドンにすることを目指している。同社は、1年後には1200店舗を目指しており、売上高は2020年の30倍のベトナムドン15兆円に達し、家電小売市場の60%のシェアを占めることを目指している。

MWGは、Điện Máy Xanh店と並んで、2021年末までに500店以上のBách Hoáy Xanh店を新規にオープンし、アップグレードすることを目指している。前回の2020年には711店舗を新規オープンし、その数は1719店舗となった。これらの店舗は昨年、2020年の総売上高がベトナムドン21兆2600億ベトナムドンを記録し、2019年の2倍となり、MWGの総売上高の19.6%に貢献している。

 

海外ライバルとの競争激化

ベトコムバンク証券(VCBS)によると、国内小売市場は今年の第2四半期に14.5%の成長率で強く反発するだろうという。

しかし、近年、多くの外国の小売ブランドがベトナム市場に参入したため、地元の小売業者は外国のライバルとのより厳しい競争に直面している。

Saigon Co.opのNguyễn Anh Đức氏は、同社は市場の変化と地元の消費者行動により良く適応するためにデジタルトランスフォーメーションを利用するだろうと述べた。また、ベトナム製品が国の経済の主力であり続けることを保証するために、全国の地方と海外の国との接続を強化すると彼は言った。

一方、マサングループの会長であるNguyễn Đăng Quang氏はcongthuong.vnに、マサングループは、VinCommerceを純粋なショッピング・ポイント・オブ・セールから、必要不可欠な商品やサービスを提供するプラットフォームに変え、消費財、生鮮食品、金融サービス、付加価値サービスなどの消費財への支出の50%以上を占めるようにすることを計画していると語った。これは、マサンが小売業への進出を決定した際の目標だった。

MWGにとっては、小規模小売店チェーンを通じて、携帯電話、電子機器、基本的な消費財に焦点を当てることに変わりはないが、これは同社の近年の力強い成長を支えてきた中核的な強みである。

貿易専門家によると、新型コロナのパンデミックはマイナスの影響を与えたが、ベトナムがグローバル市場に深く統合されたことで、ベトナムの小売業者は能力を向上させ、より厳しい競争に対処する準備をするようになったという。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2021年02月08日

このページのトップへ戻る