インドシナニュース

ベトナム:繊維・アパレル産業、2021年の輸出額目標は390億ドル

ベトナムの繊維・アパレル産業は2021年に380-390億米ドルの輸出額を目標にしているが、市場の需要が2022年の第2四半期までは2019年の水準に戻らないとVinatex社長Lê Tiến Trườngは述べた。

Trường氏は12月19日に開催されたオンライン会議で、世界の繊維・アパレル市場が2022年の第2四半期、あるいは2023年の第4四半期まで2019年に見られた需要のレベルに戻ることはないだろうとの予測を示し、来年はまだ新型コロナの大流行がどのように進展するか次第で同産業界は厳しいだろうと述べました。

2021年は苦難の年だったが、Vinatexは2019年と同等の輸出売上高の達成を目指している。

この目標を達成するために、同グループは長期金利の引き下げを提案している。

Trường氏は、2021年は新型コロナ大流行後の新たな要件を満たすための投資サイクルを開始すると同時に、新世代自由貿易協定(FTA)からの原産地規則を満たすための原材料生産への投資を行うと述べた。

一方で、1年間の苦難と効率性の低さから、繊維・アパレル分野の投資案件はもはや優先順位が高くないと見ている。これにより、企業の資金調達が困難になるため、商業銀行システムは市場回復のスピードに応じて柔軟な格付けを行う必要がある。

また、政府が繊維産業を支える技術を開発するための政策を提供することを企業は期待している。

政府が非生産コスト、特に国家物流ネットワークの計画を通じた物流コスト、およびその他の非関税コストを削減するように引き続き指示してくれることを企業は期待する。商工省は、企業が原産地規則を満たすためのガイドラインを早期に発行し、この協定の利点を調べるためのポータルを持つことで、新しいFTAを利用するのを支援してきた。

今年は25年ぶりにベトナムの繊維輸出が10.5%のマイナス成長率を記録し、2019年の390億ドルに対して350億ドルにとどまった。

しかし、世界的な総計が22%以上減少する中で、ベトナムの繊維・アパレル産業の業績は相対的にプラスとなった。

世界の繊維・アパレル業界の利益は93%減少し、多くの大手ファッションブランドが倒産し、労働者が職を失った。一方で、パンデミック対策がうまくいったことと生産中断がなかったことで、ベトナムの繊維・アパレル産業の市場シェアは拡大を続け、米国市場で初めて20%の輸出増加率を達成した。

貿易協定は売上高の減少を補うことはできなかったが、受注不足の解消には大きな効果があった。

Trường氏は、繊維業界は材料の供給がシフトして中断した年初から積極的に取り組んできたと述べた。

業界はまた、市場回復後に必要とされる最も重要な2つの資産は、熟練した労働力とグローバルサプライチェーンにおける地位と特定した。

そのため、繊維業界と履物業界は、できるだけ多くの労働者の雇用を保証するように努めていた。

2020年、Vinatexの輸出売上高と利益は前年比で10%減少した。しかし、労働者の給与は4.5%の削減にとどまり、毎月平均850万ベトナムドンの水準となった。同グループは15万人分の雇用を維持している。



UKVFTAに高い期待

2021年の初めに発効が予定されているイギリス・ベトナム自由貿易協定(UKVFTA)は、ベトナムの繊維・アパレル及び履物企業にとって輸出の恩恵となる可能性がある。

商工省によると、ベトナム商品の割合は現在、約7000億米ドルの英国の年間輸入売上高のちょうど1%を占めている。特に、Brexit後はEVFTAが英国に適用されなくなるため、重要である。

EVFTAは、2030年までにベトナムの繊維産業と衣料品産業の成長を6%と14%促進すると期待されている。

ベトナム繊維協会(VITAS)の会長であるVũ Đức Giang氏は、EVFTAや地域包括的経済連携(RCEP)のような他の協定と共に、UKVFTAは繊維・アパレル産業のためのより強固な基盤を作るだろうと述べた。

同産業界は、日本や韓国から輸入して英国やEUに輸出することで、原材料の供給を多様化することができ、これは多くのアセアン諸国に不足している強みであると同氏は付け加えた。

Giang氏は、2021年と2022年のアパレル需要の増加を予測し、ベトナム企業が製品の原産地や技術・労働・環境基準に注意を払うことを推奨した。

商工省のNguyễn Khánh Ngọc副部長は、UKVFTAはベトナム企業が中国、インド、ASEANと競争するのに役立つだろうと述べた。

Trần Tuấn Anh商工大臣と英国のLiz Truss国務長官は、12月11日にUKVFTAの交渉の結論に合意した議事録に署名した。関税撤廃ロードマップの終了時には、ベトナムと英国の間で取引される商品の関税の99%が削減されることになっている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年12月31日

このページのトップへ戻る