インドシナニュース

ベトナム:繊維・履物産業、V字回復

多様化したサプライチェーンと多数の自由貿易協定(FTA)は、ベトナムの繊維・履物産業のV字回復のための舞台を設定している、と専門家や業界のリーダーは述べている。

新型コロナのパンデミックにもかかわらず、同部門は2020年の強力な輸出数字を報告しており、ベトナム繊維協会(VITAS)によると、海外ブランドやパートナーはすでに2021年に生産を増やすか、ベトナムの繊維メーカーに追加発注をすると述べている。

「短期的には、企業は新しい市場を求め、製品の多様化を図るべきである。長期的には、彼らは持続可能な開発と高度な自動化に目を向けなければならない」と労働・傷兵・社会問題省のDo Quynh Chi氏は述べた。

パンデミックは、供給材料を確保し、共同生産を確立するために、国内企業同士を結びつけることを奨励した。中小企業は大企業から学び、より良い技術を採用し、より高度な機械を利用することができるので、特に重要であった。

繊維メーカーのタイグエン省を拠点とするTNGのNguyen Van Thoi CEOは、パンデミックによる国際的なサプライチェーンの混乱により、同社は国内のサプライヤーを探さざるを得なくなったと述べた。

さらに、EU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)や包括的で進歩的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)のような自由貿易協定(FTA)は、製品の原産地について繊維企業に厳しい基準を設定しており、企業は国内で生産材料を調達することを余儀なくされている、とVITASのVu Duc Giang社長は述べた。

Giang氏によると、ベトナム企業は彼らの製品が通常より高い価値を持ち、競合他社と比較してより洗練された生産技術を必要とするため、ある種の優位性を保持しているという。例えば、ベトナム企業各社は今年6 月に競争相手を差し置いて米国への最大の輸出業者になったが、これは通常中国企業が保持しているポジションだ。

ベトナム企業はEUでのシェアが小さいが、今年8月1日に発効したEVFTAはベトナムの輸出に大きな弾みをつけると言われている。その中でも履物と繊維製品は、2025年までにそれぞれ50%、67%増加すると予測されている。

VITASによると、米国およびEUのような主要な市場の繊維製品の需要は2022年の後半にパンデミック前のレベルに戻ると見られている。同協会は、パンデミックを克服し、経営と生産効率を向上させるために、企業がつながりを保ち、解決方法を共有し、資源を共有するよう促した。

 

韓国との原産地協定

商工省(MoIT)と韓国貿易産業エネルギー省(RoK)はこのほど、EVFTAの下での両国間の繊維製品の原産地集積の実施に関する交換書簡に署名した。

同書簡は、第10回ベトナム・韓国エネルギー・産業・貿易協力合同委員会と第4回ベトナム・韓国自由貿易協定(VKFTA)実施合同委員会の枠組みの中で調印されたと、韓国通商産業省アジア・アフリカ市場局は述べ、この文書はベトナム企業がEUに輸出するための生産のために韓国から高品質の繊維材料を容易に入手できるように支援する上で重要であると付け加えた。

EU は繊維・アパレル製品を金額にして2500億米ドル以上を毎年輸入する必要がある。しかし、ベトナムはこの潜在的な市場において2%のシェアしか占めていない、とベトナム政府は述べている。

しかし、EVFTAの公約によると、厳しい品質基準を満たすことに加え、優遇関税を享受するためには、地元企業は厳しい原産国要件を実施しなければならない。具体的には、EUへの輸出にはベトナムまたはEUで生産された生地を使用しなければならない。また、ベトナムとEUの両方とFTAを締結している国の生地を使用することも認められている。

ほとんどの原材料は EU と FTA を締結していない国から輸入されているため、この問題は地元の繊維・アパレル産業にとっていまだに弱点となっている。

このような状況の中で、ベトナムはEU諸国と累積原産地規則について交渉し、ベトナムの輸出業者が韓国のようにEUとFTAを締結している第三国が製造した生地を使用できるようにした。

EVFTA発効前に、ベトナム政府は韓国通商産業エネルギー省と交渉を行い、EVFTAの下で累積原産地規則を実施した。


ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年12月22日

このページのトップへ戻る