インドシナニュース

カンボジア:洪水により40のアパレル工場が操業を停止

カンポンスプー州とカンダル州、プノンペンのアパレル工場のうち79工場が洪水の影響を受けており、そのうち少なくとも40工場が一時的に操業を停止していると、『プノンペン・ポスト』紙は労働・職業訓練省の報道官Heng Sour氏の発言を引用して伝えた。

Heng Sour氏によると、10月17日現在、プノンペンの62工場、Kandalの13工場、Kampong Speuの4工場が洪水の影響を受けている。30以上の工場はまだ正常に稼働している。

カンポンスプー州の Choek Borin 労働局長は、地元の 4 つの工場が水没したが、サプライチェーンは影響を受けておらず、作業は通常通り行われていると述べた。

同省は、工場や労働者を支援するためのタイムリーな対応策を講じているとし、同省の145の工場はまだ稼働していると述べた。

カンボジア(GMAC) の副事務総長King Monika氏は深刻な洪水がCOVID-19 のパンデミックから多くを苦しんだGMAC のメンバー企業に重大な影響を残したと述べた。

Monika氏によると、洪水は工場の財産を損ない、生産工程を混乱させ、その結果、納期に遅れが生じるという。水が引いても、洪水の被害を受けた工場では、機械やその他の工具の点検が必要なため、すぐに再開することができなかった。

労働省は、洪水が発生しやすい地域の雇用者や労働者に対し、天候の動向を注視し、深刻な洪水の場合に備えて合理的な避難手段を概説するよう助言した。

災害管理のための国民委員会は、熱帯嵐によって悪化させた季節的な雨が国の25 の地方の19 の洪水を引き起こし、24万人の生計に影響を与え、5 人の子供を含む20人が死亡したと述べた。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年11月02日

このページのトップへ戻る