インドシナニュース

ミャンマー:政府の指示が出るまでヤンゴン工場の労働者には給料を払わない

ヤンゴンのアパレル工場は、新型コロナ規制の最新のラウンドで、9月21日に政府が9月24日から10月7日まで全工場を閉鎖するよう命令したことに対応しようと必死になっている。

これを乗り切るために、いくつかの工場では、閉鎖期間中はノーワーク・ノーペイ制を実施すると言っている。

「指示は9月20日の午後8時に発令され、閉鎖までわずか3日しかありません。しかし、3 日以内に 1600 人の労働者の賃金を支払うことは不可能です」とDagon Seikkan 郷区の第1工業団地にあるアパレル工場のマネージャーDaw Hnin Moe Hlaing氏 は語った。

代わりに工場は10 月8 日の再開時に労働者に支払うことになる、とDaw Hnin Moe Hlaing氏 は言った。

「政府が労働者の賃金問題に対処する指示を出すまでは、このノーワーク・ノーペイ制を採用します。政府の指示が出て初めてこの計画を変更します」と彼女は言った。

他の工場も同じことをしているようだ。Hlaing Thar Yar 地区の東 Hlaing Thar Yar郷区の Shwe Lin Ban 工業団地にある Myan Mu アパレル工場のゼネラルマネージャー Daw Khin Thandar Oo氏 は、「他の工場が労働者に賃金を支払ったり、政府が工場が閉鎖された日の賃金を支払うように指示した場合、私たちはそれに従わなければならないでしょう。私たちは今も更なる指示を待っていますが、政府部門は今のところ何も答えてくれません」と述べた。

ミャンマーのアパレル工場は、今後2週間の間に600人の労働者に食用油や麺類などの基本的な食品を提供し、全労働者の雇用を維持しようとしているという。しかし、Daw Khin Thindar Oo氏は、財政的な負担が工場の懸念事項であると述べている。労働者には通常5日ごとに賃金が支払われる。

「雇用主は注文の支払いを受けた後に賃金を支払います。 彼らは 9 月 24 日までには支払えないと言っています。また、たとえお金があったとしても 10 月 8 日までに工場に来ることはできないです」とMyan Muの縫製労働者のひとりKo Maung Moeさんは言う。

U Thein Swe労働・移民・人口大臣は、9月21日にミャンマー商工会議所連合の関係者との会合で、政府は法律に基づき社会保障委員会に毎月拠出している労働者に社会扶助を提供することを計画していると述べた。

非登録労働者も検討されているため、雇用主は労働者への支援にできる限り協力する必要がある、とU Thein Swe氏は述べた。

ミャンマーの委託加工部門は50万人以上の工場労働者を雇用している。ミャンマー労働組合総連合(CTUM)の下で労働組合に加入している人たちは、ほとんどの場合、この状況を受け入れているが、多くの人が食費や寮費の支払いができないことを心配している、とDaw Phyo Sandar Soe書記長は述べた。

これまでのところ、CTUMメンバーである16の工場で新型コロナの陽性例が検出されている。各工場の 30~60 人の労働者が検疫センターに送られ、合計で約 2000 人の労働者がいる。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年10月03日

このページのトップへ戻る