インドシナニュース

ベトナム:8ヶ月で8億5000万枚のマスクを輸出

ベトナムの企業は、今年の最初の8か月で8億5000万近くの医療用マスクを輸出した。
ベトナム税関総局によると、8月だけでも、地元企業は1億3500万枚の医療用マスクを海外に出荷した。
マスクは主に布製、防塵マスク、綿、医療用マスク。
最大の輸入国は、日本、韓国、ドイツ、米国。 さらに、マスクは香港、シンガポール、ポーランド、オーストラリア、中国、ラオス、南アフリカにも輸出された。
マスクは、パンデミックの間のベトナムの輸出の中心アイテム。
繊維・アパレル企業はまた、加工注文が遅れたときに注文不足の穴を埋めるために、抗菌布マスク、医療用マスク、および保護用品を製造するために機械および原材料を迅速に適応させた。
新型コロナのパンデミックが多くの国で激しさを増しているため、マスクの需要は依然として増加している。
輸出マスクの品質に関して、商工省は、特に企業がEUおよび米国市場への輸出用の証明書を発行したい場合、コンサルティングとテストの機能について注意深く学ぶように輸出業者に警告している。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年09月30日

このページのトップへ戻る