インドシナニュース

カンボジア:労働者の最低賃金、2021年は192ドルに

フン・セン首相は、来年アパレル産業労働者の最低賃金を月2ドル引き上げることを決定した。
この決定は、最低賃金全国協議会が賃金を月190米ドルに据え置くことで合意し、承認を得るために労働・職業訓練省のIth Sam Heng大臣にこの数字を提案した後に行われたものである。
9月10日の会議後に記者団に語ったSam Heng氏は、この決定は、世界的なサプライチェーン、企業や工場の生産と輸入に新型コロナによって引き起こされた深刻な困難と影響に起因するものであると述べた。
「私はこの問題をSamdech Techo [フン・セン]に報告しました。彼は、国民評議会が設定した最低賃金に2ドルを追加することを決定しました。これにより、2021年の労働者の最低賃金は月192米ドルとなります。困難はありますが、前向きな結果が得られました」と彼は語った。
Sam Heng氏によると、使用者側と労働組合側はそれぞれ17人の組合員で構成され、賃上げに満足しているようには見えないという。
新しい最低賃金が労働者の生活水準の向上と生産性の向上に役立つと彼は楽観視している。
「工場や企業が、国際市場に製品を輸出する国との競争力を高めることが期待されています。今回の引き上げは、カンボジアへの投資や新しい工場を誘致するためのメッセージでもあります」と述べた。
Sam Heng氏は、新型コロナがすべての産業を席巻していたので、EUの『武器以外すべて(EBA)』スキームの最近の部分的な撤退が主な問題ではないことを強調した。
これまでに100から150の工場がパンデミックの中で生産を停止し、4万人から5万人の労働者が失業した。
雇用者代表のNang Sothy氏は、2米ドルの昇給は雇用者にとってまだ課題であるとポスト紙に語った。
「この値上げは、投資家の誘致を困難にする可能性があります。しかし、この数字は雇用主が受け入れることができるので、大きな問題ではないと思います。新たな投資を希望する海外の雇用者にも、あまり負担となりません」と彼は言った。
カンボジア労働総連合のAth Thorn会長は、今年の最低賃金交渉は、新型コロナ、20%のEBA離脱、世界的な経済成長の低下のために、例年よりも困難であると述べた。
交渉中、労働組合は12ドルの引き上げを要求したが、雇用者代表は代わりに最低賃金190ドルを17ドル引き下げようとした。 双方はその後、政府の判断に委ねることで合意した。
「この数字は少なすぎるので、私たちは満足していません。しかし、現在の状況からすると、これ以上要求するのは難しいです。さらなる引き上げを求めると時間がかかります」とThorn会長は語った。
カンダル州のRoth Nita(25 歳労働者)は、少なすぎるが昇給には満足していると述べた。彼女は賃下げよりは良いと言った。
彼女の工場は、1 ヶ月以上も生産を停止しており、彼女は政府の現金給付プログラムから多少のお金を受け取っていたと彼女は言った。
労働者は他にも、旅費、月7米ドルの宿泊費、定期的に出勤した場合の月10米ドルの報酬、残業した場合の1日2000リエル(0.50米ドル)の食費、2年目から11年目まで働いた場合の年功報酬として月2-10米ドルの報酬など、この取引で得た恩恵を受けている。
最終的には、労働者一人一人に最低でも月209米ドルから220米ドルの報酬が支払われることになる。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年09月14日

このページのトップへ戻る