インドシナニュース

ベトナム:ナムディンの繊維工業団地、投資受け入れ態勢整う

北部ナムディン省Nghia Hung地区のRang Dong - Aurora 繊維工業団地で土地賃貸借契約の調印式が行われた。
同工業団地の最初の2つの案件は、香港と台湾の企業が投資するアパレルと繊維の案件である。いずれも先進的で環境に優しい技術を適用する。
最初の案件は、香港(中国)のTop Textileが2億米ドル以上を投資しており、31ha以上の面積をカバーしている。2023年に操業を開始し、3000人以上の労働者を安定的に雇用する予定。
もう一つの案件は、台湾のJehong Textile社が総投資額600万米ドルで、織物の染色に特化したプロジェクトで、2023年の操業開始を目指している。2022年に操業を開始し、300人の労働者の雇用を創出する予定。
ナムディン省人民委員会の副委員長であるNgo Gia Tu氏は、同省は国内の経済中心地、特に地方の工業団地と周辺の省や都市との間を結ぶインフラの改善に力を注いでいると述べた。
また、移動時間を短縮するために、主要な交通案件の実施を加速させ、貿易、経済発展、投資誘致のための最適な条件を作り出していると付け加えた。
さらに、ナムディン省は行政改革にも力を入れており、地方への投資を強化している。国内外の投資家のための情報、政策、インセンティブは、透明で明確な方法で導入されるとTu氏は断言した。
約1.4万haの設計面積を持つRang Dong -Aurora 繊維工業団地はナムディン省の近代的な工業団地になることを目指している。第一期の520haは法的条件を満たしており、繊維・アパレル産業や関連産業など様々な分野の投資案件を受け入れ可能。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年09月07日

このページのトップへ戻る