インドシナニュース

ベトナム:下半期の繊維・アパレル業界に輸出機会の拡大をもたらす

多くの主要輸出市場における社会的遠距離措置の緩和は、今年の下半期にベトナムの繊維・アパレル産業にとってより多くの機会を創出するように設定されている。

商工省(MoIT)によると、衣料品・繊維産業は今年上半期に新型コロナウイルス大流行の悪影響を最も受けた産業の一つであった。実際、繊維生産の増加率は3%未満で、前年同期の3分の1に過ぎないが、アパレル生産は前年同期と比較して5%近く減少した。

今回の見直し期間中、繊維・アパレル生産は、輸出とともに原材料不足のために多くの困難に直面し、延期、キャンセル、納期遅延、支払いの遅れにより輸出受注が激減した。

これらの課題の結果、繊維・アパレル業界は5月中に受注の50%を失い、製品価格は20%下落した。

また、アパレルやファッション製品の世界的な需要も、特に米国やEU諸国で大幅に落ち込んでいます。これらの要因により、業界の多くの企業は収入の減少や雇用の喪失などの難局に直面している。

「ベトナムの繊維業界は新型コロナウイルス大流行の影響で激しいプレッシャーにさらされており、厳しく管理されているために従来の注文を受けることができなくなった工場もあります。世界的なパンデミックが広まり、供給不足はより深刻になっています。繊維企業は、世界的なパンデミックの複雑な展開の中で、労働者の確保を目的とした解決策を考え出しました」とベトナム繊維協会のVu Duc Giang会長は述べる。

商工省(MoIT)によると、流行の悪影響に直面している国内の繊維企業は、最近の不況に直面して、その適応力と回復力を示すために、多くの生産プロセスと伝統的な製品を変更することができた。

国内産業の柔軟性の結果として、前向きな兆しが見えてきた。米国、韓国、日本、EUなどの主要な輸出市場の開放は、社会的な距離を置く政策の緩和による消費者の需要と買い物の増加と相まって、ベトナムの繊維・アパレル産業が今年の下半期に成長する機会を提供している。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年07月15日

このページのトップへ戻る