インドシナニュース

ベトナム:ハノイの工芸村、新型コロナ後の生産を再開

ハノイの伝統工芸村は、新型コロナのパンデミックが収束したことで、生産の中心を変え、徐々に事業活動を復活させている。

伝統工芸品で有名なハノイには1350の村があり、ベトナムで最も多くの工芸品を生産しており、その数はベトナム全体の3分の1近くを占めている。ハノイの伝統工芸村は、ベトナムで最も多くの工芸品を生産している村で、その数は1350村と国内の3分の1近くを占めている。

ハノイの工芸村は、政府が新型コロナによる生産活動の制限を緩和して以来、まだ完全な生産能力を取り戻していない。

Chuong My地区のPhu Vinh竹ひご細工村、Thuong Tin地区のHa Thai漆村とQuat Dong刺繍村、Phu Xuyen地区のChuon Ngo螺鈿細工村などの有名な村は、パンデミックの経済的な影響から回復しようとしている。

籠やトレイ、買い物袋などの家庭用の製品を多く作り始め、欧米の顧客に好まれる装飾品やお土産品は少なくなっている。

Gia Lam地区のBat Trang村の陶器輸出市場はほとんど凍結している。Tan Thinh 陶器工房の輸出受注の80%以上がキャンセルされた。

工房のオーナーである優秀な職人であるTran Duc Tan氏は「多くの注文を顧客に出荷したのに、まだ支払いを受けていないため、我々は非常に厳しい財政状況にあります」と述べた。国内市場、例えば、企業がイベントのために注文したギフトなども影響を受けている。

Nguyen Van Nghiaさんの陶器工房も同様の状況である。「人的・物的資源が十分にある大企業はすぐに生産を再開することができます。しかし、私たちのような小規模な家庭用企業は、再開が難しい」とNghia氏は説明する。

競争力を高めるために、多くの小規模企業はデザインや製品の品質を向上させたり、製品をオンラインで販売する方法を学んだりしている。

Bat Trang陶器村の代表副主任のHa Van Lam氏は、「Bat Trang陶器市場の業者には、自分たちのブランドを宣伝することに責任を持つよう奨励しています。私たちの使命は、私たちの評判を維持し、偽造品、偽物、追跡不可能な商品と戦い、本物のBat Trang商品と混ざらないようにすることです」と述べた。

Phu Xuyen地区のPhu Yen革靴村は、社会的距離が緩和されてから生産を再開したが、まだ生産能力は十分ではない。今年の生産量は50%減少した。

以前は事務用の靴しか生産していなかったが、今年は生産量が50%減少した。今では、スポーツシューズ、ファッションシューズ、子供靴など、製品を多様化しなければならない。

この新しい状況に適応するため、ハドン地区のVan Phuc村の生産施設では、管理体制の再構築、従業員の再教育、オンライン取引の強化などを行っている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年06月23日

このページのトップへ戻る