インドシナニュース

ベトナム:新たな消費需要への対応

過去4ヶ月間、ベトナムの繊維・アパレル産業の輸出収入は前年同期比6.6%減の106.4億米ドルに達し、輸入収入は8.76%減の63.9億米ドルにとどまり、そのうちアパレル輸出は5.98%減の82.0億米ドルにとどまり、繊維輸出は11.54%減となった。

現在、多くの企業が倒産の危機に瀕している一方で、5月、6月の新規受注はほとんどない。ベトナムの繊維・アパレル産業は、新型コロナウイルス大流行の影響により、市場がサプライチェーンから消費に至るまで完全に壊れているため、多くの課題に直面している。

明るい点は、一部の企業の柔軟で創造的な対応であり、国内で入手可能な原材料や副資材を活用して、流行の予防と制御のための医療用マスクや防護服を生産していることである。

統計によると、4月20日現在、ベトナムのマスク輸出総額は4億1500万枚以上に達し、その価値は6300万米ドル以上に達している。マスクや医療用保護具など全く新しい製品の輸出は繊維産業の成果である。

また、これはパンデミック後の回復のために企業がチャンスを掴むための稀有な機会であると考えられている。しかし、マスクの輸出で過去4ヶ月間に稼いだ6300万ドルは、従来の製品の輸出で毎年400億ドルを稼いでいるのに比べれば、わずかである。

このため、企業は業務効率を高めるために、原材料や副資材の供給を積極的に行い、東アジア・南アジア、東欧、CPTPP対象国などの新規市場を開拓していく必要がある。

また、消費需要に対応するためには、品質、モデル、ファッションなどの基準を高めた小規模な試作品の研究と投資が必要である。

今後、世界の消費行動は大きく変化していくだろう。その時に、マスクや医療用保護具の需要がなくなった場合、ベトナムの繊維・アパレル産業は引き続き苦戦を強いられる可能性がある。

そのため、マスクや医療用防具を製造して各国に供給するだけでなく、パンデミック後の消費需要に対応するためにも、企業は変化とイノベーションを起こす必要がある。

また、原産地の様々な要件を満たし、EVFTA、CPTPPなどの関税協定の恩恵を受けるために、原材料や副資材の供給をベトナムに移すためのサプライヤーとの交渉にも力を入れる必要がある。

また、企業は国や省庁からの支援を必要としており、支店は信用パッケージの発行を加速させなければならない。5月から今年末までの社会保険料や労働組合費の免除を廃止し、元金返済債務のリスケジュールを促進しなければならない。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年05月25日

このページのトップへ戻る