インドシナニュース

ミャンマー:アパレル製品のCMP輸出収益は1億2000万ドル増加

アパレル製品のCMP輸出収益は2019-20会計年度の4月24日までに25億米ドルを超え、前年同期比で1億2000万ドル増加したと、商務省のU Khin Maung Lwin次官補がデイリーイレブンに語った。

「CMP産業は毎年進歩を見ている」とU Khin Maung Lwin氏は付け加えた。

「アパレル製品のCMPビジネスの生産量は4年間で10倍に増加しています。今年の輸出収益は50億米ドルに増加すると予想されています。今の政権に替わってから、この分野では5億米ドルの生産があり、約40万人の雇用が創出されました」とU Aung Htoo商務副大臣は述べている。

現在までに、アパレル産業は約60万人の雇用を創出し、そのうち約95%が女性労働者である。

2018年、アパレル部門の輸出収益は約46億米ドルに達した。2019年5月11日にミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)で開催されたミャンマー衣料品起業家協会の第5回年次総会によると、2024年には衣料品部門の輸出収益は最大100億米ドルに達すると予測されている。

アパレル部門は、外国からの投資の大量流入を見ている。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年05月11日

このページのトップへ戻る