インドシナニュース

ベトナム:繊維・履物企業、国内に目を向けパンデミックに生き残りを賭ける

ベトナムのほとんどの繊維・履物企業は、生産維持のための代替原料を見つけるのに苦労したが、国内サプライヤーを持つ一部の企業は新型コロナウイルスの蔓延中でも生き残ることができた。

ベトナム繊維協会 (VITAS)副会長兼書記長のTruong Van Cam氏は、ほとんどの企業は中国からの原材料供給に大きく依存しているため、原材料不足に陥っていると述べた。

「彼らの多くは現在、原材料を他国から輸入するか国内製品にシフトしています。しかし、輸入原材料の多様化には時間が掛かり、輸入価格、出荷および倉庫保管コストが掛かるため、より高価です。国内サプライヤーを使用する方が実行可能なソリューションです」とCam氏は述べた。

アパレル企業のMay 10のThan Duc Viet社長は、中国最大のサプライヤーとともに、世界の600を超える多くのサプライヤーによる多種多様な生地を使用したシャツを製造したと述べた。

Viet氏はこのような困難な時期に融資金利と債務返済の負担、および顧客からの注文キャンセルのリスクを懸念していたが、代替原料のある同社は今後数ヶ月間生産を維持することができる。

Viet氏は中長期的に考え、「現在、生地の国内供給先の使用を検討していますが、納期の延期または延長するためにパートナーと交渉し、これらの原材料を使用できるように原産地の要件を変更する必要があります」と述べた。

TNG投資・貿易株式会社のNguyen Van Thoi会長は、同社の注文の大部分は、顧客が早期に原材料を準備するFOB契約であったため、「我々は今年の前半までの生産に十分な材料があり、現在、第3四半期および通年の原材料の計画をしています」と述べた。

「昨年と比較して、従来の顧客は2020年になり注文を増やしました。たとえば、Decathlon(フランス)は注文を29%増やし、Spormaster(ロシア)は73%増やしました」とThoi氏は加えた。

最初の2か月後、TNGの総収益は5595億ベトナムドン(2380万米ドル)に達し、2019年同期比4%増となった。TNGは2020年全体で約10%の収益成長、4.9兆ベトナムドンに達すると予測している。

国内産材料の70%を使用し、ヨーロッパ、日本、韓国に輸出する加硫靴、スポーツシューズ、インジェクションシューズを製造するHa Tay Chemical Weave Company代表のNguyen Thanh Tung氏は、「ほとんどの国内サプライヤーは生産需要に応えることができます」と述べた。

Tung氏の会社は、1か月あたり最大12万足の生産能力を持ち、素材の30%を他国に注文している。現在、Tung氏は顧客と交渉し、それらの海外供給先を国内供給先に変更するよう依頼している。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年03月24日

このページのトップへ戻る