インドシナニュース

ベトナム:偏った配分によるマスク供給

供給急増の中で、現地で生産されたフェイスマスクは、流通の難しさからベトナム全土で不足している。
商工省工業庁のNgo Khai Hoan副局長は、最初の3か月で地元のメーカーが5700万点の布マスクを提供し、必要に応じて1億枚に引き上げると述べた。
中国の繊維工場が操業を再開したため、ベトナムの製造業者は再びそこから材料を調達できると、彼は最近の会議で述べた。
「ベトナムの繊維産業は、国内需要と輸出用のマスクを完全に製造できます。」
ただし、一部の店舗では1人あたり5‐10個のマスクしか許可されていないため、地元の消費者は依然としてマスクを買うのに並ぶ必要がある。
このアイテムは、ベトナムでマスクの着用が義務付けられた3月16日以降、需要が高まっている。
この供給と需要のギャップは、製造業者と販売業者とのコミュニケーション不足が原因であるとHoanは述べた。
ほとんどのメーカーはアパレル製品メーカーであり、需要の急増によって今年になって初めてマスクを作りはじめたため、依然として適切な販売チャネルが不足している。
政府がこれらの製造業者からマスクを購入し、消費者に販売することを彼は提案した。
ベトナム繊維協会(VITAS)のTruong Van Cam副会長は、政府の購入により需要と供給のギャップが縮まり、すべての消費者が製品を購入できるようになると述べた。
Tran Tuan Anh商工相は、政府がこれらのマスクを購入して貧しい人々や病人に無料で配布すると述べた。
ベトナムでは、地元の人々が水曜日の時点で国内の75人に感染したウイルスからの保護を求めているため、新しいコロナウイルスの流行が始まって以来、フェイスマスクの需要が高まっている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年03月20日

このページのトップへ戻る