インドシナニュース

カンボジア:ストライキ、広がる

リーバイスやギャップのブランド商品を生産しているTai Yang Enterpriseの数千名の労働者はストライキを起こして金曜日で2週間になる。会社、組合、労働省の交渉後も解決の目処は立たない。

カンボジア連合組合代表RongChhun氏は、「労働相VongSauth氏は木曜日に紛争の解決を約束したが、翌日には法系統の問題を引合に態度を豹変した」と言う。

「労働相は労働者の利益を守らず、会社の肩を持ち、会社は労働者の権利を侵害している。カンダル州AngSnuol地区の工場の労働条件はひどく、会社は、勤続手当を浮かせるために、工場の名称を変更してきた。」と言う

労働者は625日以来、通勤手当、住宅手当、出来高手当、産休を求めてストライキを続けている。

Chhun氏は、アメリカ国務長官ヒラリー・クリントン女史が今週アセアン地域フォーラムでカンボジア入りする際に、フン・セン首相と彼女に労働者からの押印入りの要望書を提出する、と言う。

労働省国務次官SathSamuth氏は、本件は第8次政府民間セクターワーキンググループに諮られることになっている、と言うが、その日時は未定である。

「委員会は労働省より大きく、省庁横断組織であり、法的実行力を持つものである」と彼は言う。

Samuth氏は「組合の代表は本当に問題を解決しようとしているようには見えず、解決には時間がかかるだろう」と言った。

木曜日には、当該工場の4000名もの労働者が首都までデモ行進をし、夕方には警官に阻止された。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2012年07月12日

このページのトップへ戻る