インドシナニュース

ベトナム:国際ファストファッションブランド、国内市場に機会を見出す

多くの有名な国際ファストファッションブランドが有望なベトナム市場に参入した。

201912月にホーチミン市に最初の店舗をオープンした後、日本のファストファッションブランドUniqloはすでに首都ハノイに国内で2番目の店舗を計画している。

Uniqloのハノイの2500平方メートルの店舗は、Pham Ngoc Thach通りの大きなショッピングセンターの2階にできる。

2019年、ベトナムでは、Cotton OnUniqloを含む2つの有名なファストファッションブランドが登場した。過去2年間で、待望のHMZaraを含む多くの国際的なブランドが国内に現れた。

国際企業は地元ブランドの買収もしている。2007年に設立された強力なベトナムの靴とバッグのブランドであるVascaraを所有するMTV Global Fashionは、日本のStripe Internationalに吸収されたと発表した。Stripe International2017年にファッションブランドNemも買い取った。

ベトナム小売業者協会によると、ベトナムには現在200以上の外国のファッションブランドがあり、平均成長率が1520%であると言われている国内市場の60%以上を占めている。

Nielsenによる最近の調査では、有名ブランドを愛するベトナム人の数は、中国(74%)とインド(59%)に次いで世界で3番目に多いことが示された。

BMIの予測によると、ベトナム人のファッションへの支出は、前年の7%に対して2017年から2021年の間に平均10%の割合で増加している。

「これは国際的なファッションブランドにとって有利な市場です」と予測は述べている。

ベトナム繊維公団の統計によると、国内市場では年間20%の高い成長率が見られる。

「国内繊維・アパレル市場の価値は約45億米ドルであり、これは4000万セットの衣料品に相当する。ベトナム人は衣料品に100兆ドン(440万米ドル)を費やしている」

ZARAの業績から、国際的な企業に対するベトナムのファッション市場の大きな魅力がわかる。 Vietnam Industry Research And Consultancyのレポートによると、Zara2016年にベトナムでわずか4か月営業した後、3220億ベトナムドン(13956米ドル)の収益を上げた。

Mitra Adiperkasaによれば、2017年、Zara Vietnamの収益は1.1兆ベトナムドン(4800万米ドル)を超え、2018年上半期には9500億ドン近くに達した。

HMもまた、若い人口と急成長している経済のベトナム市場で大きなチャンスを見いだしたと語った。

しかし、多くの外国ブランドは、特に過去2年間で急騰している店舗賃貸料で、ベトナムに進出する際に困難に直面していると述べた。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年02月04日

このページのトップへ戻る