インドシナニュース

ベトナム:VinMart、損益分岐点への早期到達を目指し多数の店舗を閉店

VinMart+の利益率は過去3年間改善しており、現在損失を計上しているが、この小売業者は多大な努力と投資の結果、来年には収益の計上を見越している。

先週、MasanVincommerceと合併後、小売開発の可能性に関する小売アナリストとカンファレンスを独占した。それに応じてMasan Groupは今年、新法人を設立し、VCM Services and Trading Development JSC (VCM)83.74%およびMasan Consumer Holdings85.7%を保有する予定である。

親会社のMasan GroupVCM70%を保有しており、残りはVingroupおよびその他の投資家に属している。同時に、シンガポール政府投資公社(GIC Private Limited)VCM16.26%を保有しており、それは小売りチェーンのVinMartVinMart+およびVinEcoのオーナー企業であるVinCommerceVCMの全シェアを占めている。

Masanは小売市場での競争力を高め相互扶助するためにVinCommerceVinEcoMasan Consumerをそれぞれ別企業とすることに決定した。VCMMasan Consumerのパートナーとなり、Masan Consumerは同小売業者のベンダーとなる。

MasanVingroupとのパートナーシップは双方に利益をもたらすと認めた。Vingroupは不動産および小売産業の牽引企業であり、一方のMasanはブランド開発で豊富な経験を持ち、生肉産業のパイオニアであり大手消費財メーカーでもある。

 

VinMart経営の最適化

現在、VinCommerce3022店のVinMartおよびVinMart+スーパーマーケットを運営しており、年間収益は65(昨年)増加している。2020年には利益を上げて損益分岐点に達すると予測されている。

Masanの報告によると、VinCommerceの昨年の収益はThegioididong(Mobile World Investment Corporation)Bach hoa Xanhと同時に設立されたにもかかわらず26兆ベトナムドン(113000万米ドル)で、Bach hoa Xanh2倍であったが、Saigon Co.op35兆ベトナムドン(152000万米ドル)よりはるかに下回った。

しかし昨年、ハノイでは1平米あたりのVinMartの月間売上高は620万ベトナムドン(269.57米ドル)(9%増)であったが、VinMart+800万ベトナムドン(347.82米ドル)で、業績競争は倍となった。したがって、同チェーンは首都の小売産業を牽引していることになる。

昨年、省内のVinMart+店舗数は前年比2.5倍に増加したが、大型スーパーマーケットのVinMartはゆっくりと店舗数を伸ばした。特に、昨年の第4四半期には600ものVinMart+ストアおよび14VinMartスーパーマーケットが開店し、VinMart+の収益が93%、VinMart44%増加した。

まだ利益を計上していないが、VinMart+の利益率は過去3年間で著しく向上している。今年、VinMartは大規模な拡張ではなく業績の改善に専念し、業績の悪い店舗は閉店する方向である。さらに、Tier 2の都市のVincomトレードセンターに1030VinMartスーパーマーケットおよび100300VinMart+店舗を開店予定である。

 

MeatDeliVinMart50%の市場シェアを獲得

MasanVinMartVinMart+の生肉市場シェアを今年以降30%から50%に引き上げ、VinEcoの野菜は40%に引き上げる。したがって、VinEcoの売上高は今年、12000億ベトナムドン(5217万米ドル)から32000億ベトナムドン(13910万米ドル)3倍、およびMeatDeliの売上高は22000億ベトナムドン(9560万米ドル)になる。

Masanは、VinMartの収益成長目標を48%、同店舗販売成長率を24%に設定する一方、VinMart+の数値はそれぞれ78%と25%に設定した。

VinCommerceの総収益は、VinMartによる17兆ベトナムドン(74000万米ドル)VinMart+による25兆ベトナムドン(10800万米ドル)を含む、前年比61.5%増の42兆ベトナムドン(182000万米ドル)に達する見込みである。今年は損失を収益の3%にまで削減する、または損益分岐点に達すると予想されており、Masanは約1500万米ドルをテクノロジープラットフォームと管理プロセスのデジタル化改善に注ぎ込む予定である。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年01月21日

このページのトップへ戻る