インドシナニュース

ベトナム:EU市場参入への扉が開かれる

EU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)およびEU-ベトナム投資保護協定(EVIPA)は、ベトナムと欧州連合の間の貿易と投資を促進する多くの扉を開く。

多くの専門家は包括性と市場開放性ゆえに、EVFTAは自由貿易協定を交渉する過程でベトナムが得た利点の1つと考えた。

欧米市場部門のNguyen Thao Hien副部長は、EVFTA発効後には関税分類品目の85.6%が撤廃され、それは対EUのベトナムの輸出高の70.3%を占めると述べた。EVFTA発効の7年後には関税分類品目の99.2%が廃止され、それは輸出高の99.7%を占め、残りの関税品目の0.8%が低関税率割当を適用され、割当の関税率は0%になる。

EUによる輸入関税引き下げは、米や米製品などの農産物に多くのチャンスをもたらす。特に、EUは年間8万トンの米の割当を精米、玄米、長粒米に割り当て、割り当て内の関税を0%にする。砕米に関しては、砕米の場合5年以内、米製品の場合3-5年以内に輸入関税が撤廃される。新鮮な野菜や果物、加工された野菜、果物ジュース、新鮮な花の輸入関税は直ちに廃止される。コーヒー、黒コショウ、カシューナッツ、蜂蜜はも即刻関税撤廃される。

工業製品に関しては、現行の繊維・アパレル製品の関税42.5%は直ちに撤廃され、残りは37年後にゼロ%に引き下げられる。皮革・履物製品の関税率の37%は直ちに撤廃され、37年後には0%になる。木材および木製品関税品目の83%は直ちに撤廃され、5年後には0%になる。コンピューター、電子製品、コンポーネント関税ラインの関税74%は即座に撤廃され、35年後には0%になる。プラスチック製品、携帯電話とコンポーネント、バッグ、鉄鋼製品、基本的なガラス製品は輸入関税を直ちに撤廃する。

EVFTA発効後には、水産物および水産物の関税分類品目の50%が撤廃される。残りの関税50%は、37年後に0%になる。現在、EUはマグロの缶詰に年間11500トン、魚のミートボールに年間500トンの関税率を適用している。

関税引き下げはベトナム製品の競争力を高めるが、ベトナム企業がEU市場での輸入製品に対する高い技術的障壁を介して貿易保護主義に対するより多くの課題に直面しなければならないことも意味している。

産業庁によると、EVFTA施行時においては履物、繊維・アパレル産業が最も有利な産業であるという。それは高い減税率および原産地規則がまだ厳密ではないためである。ただし、これら2つの分野の類似点は、(ベトナムで行われる工程は)ほとんどが加工工程であるため、EVFTAの特恵関税を利用するためには、繊維・アパレル製品および履物企業は、材料の開発、設計から仕上げまでEVFTAの規制に従い原産地規則を達成できる集中的なチェーン開発段階に移行する必要がある。

EUへの輸出製品の多くは、品質と食の安全性に関する規制を満たすだけでなく、EUによって規制された基準と管理手順を満たし、社会的責任を真摯に受け止め、労働環境と生産環境に関する透明性を確保する必要がある。

中央経済管理研究所の前副局長のVo Tri Thanh博士は、CPTPPEVFTAなどの包括的且つ新世代の協定に署名したことで、ベトナムが世界の重要な投資家を引き付ける多くの機会に直面していることを示したと述べた。つまり、ベトナムにはビジネスを行う余地がまだ十分にあるということである。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年12月25日

このページのトップへ戻る