インドシナニュース

ベトナム:H&M、世界的なファストファッション減速の中でも拡大を継続

ファストファッションのトレンドが世界市場で急減速しているが、スウェーデン発のHMは、東南アジア、特にベトナムの中部の都市、ダナンに直営店を開店し、その存在感を高めている。

1128日の正午、最新のHMストアがダナン市のVincom Plaza Ngo Quyenで正式に開店した。

HM東南アジアカントリーマネージャーのFredrik Famm氏は『投資』紙に対し、ベトナムの最新店舗にダナンを選んだ理由について、同エリアはファッション業界の有望な市場であり、また、「ベトナムの主要な経済および観光の中心地であり、活気に満ちた急成長している小売市場の一部」と述べた。

Famm氏はまた、多くのベトナム人はホーチミン市またはハノイに出向きHMの服を購入する必要があるが、それでは不便である。しかし、新しいHMストアの存在は彼らの困難を解決する、と述べた。

ハノイやホーチミン市と同様に、ベトナム中部の都市ダナンは将来、より多くのHM店舗を開店することが期待されており、「我々は将来ダナンにより多くのHMストアを開店する計画を策定しました。」と述べた。

H&Mにとって、今回の開店は2年間でベトナム内8番目の店舗となる。これはどの小売ブランドにとっても驚くべき速さである。しかしFamm氏は拡張に関して、その数は他の市場に比べてまだ少ないと述べた。彼は、ドイツでは人口8000万人程度に対し、HMの店舗は500店舗あるが、ベトナムは約1億人の人口に対し店舗は8店舗しかないと述べた。

「したがって、今後もベトナムで拡大を続け、HMをベトナム人にとって最適なファッションブランドにしたいと考えています」とFamm氏は述べた。

ベトナムにおけるHMの拡大戦略は策定されたが、世界のファストファッション市場は減速の兆しを見せている。最近のForever 21およびTopshopの破産は、ファストファッショントレンドの崩壊の最も顕著な例である。

HM、そしてZaraももちろん危機に瀕している。Bloombergによると、2017年のZaraの売上高は大幅に低下し、過去10年間で最も低い収益を報告した。

具体的には、Zaraの粗利益は、米ドルの為替レートにより、1月までの12か月で53.6%に減少した。2017年下半期の売上は5%に増加し、過去3年間で最低の割合になった。

同様に、HM327日に世界的な低収益を発表し、40億米ドルの高い在庫水準を保ち、今年の第1四半期の売上高の17.6%に相当するが、利益は16年ぶりの低水準である。 この2月の時点で、HMの純利益は前年比44%減の16740万米ドルに相当する。

CNNはまた、その第1四半期に売れ残りのグローバル在庫の価値は前年比13%増の360億クローネ(40億米ドル)に膨れ上がり、 2018年上半期のHMの利益は28%減少した、と2018628日にHMの代表者が述べたコメントを引用した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年12月10日

このページのトップへ戻る