インドシナニュース

ミャンマー:最低賃金に関する協議、始まる

労働者、企業、政府の代表者は、2年ごとに料金の見直しを義務付けた後、国の最低賃金について議論を始めた。

現在の最低賃金は、20185月に4800チャット(US $ 3.20)に設定された。

ミャンマー産業技術サービス労組連合のU Naung Aung副議長は、三者会議は週末に開催され、労働者の生活費についての一般的な話をした。

労働・移民・人口省と雇用主および労働者の代表は、最低賃金を引き上げるのにどのような困難があり、新しい最低賃金を設定するためにどの研究を実施すべきかを議論した。

「調査が実施されて初めて、新しい最低賃金がどうあるべきかについて、雇用主と交渉することができます」と彼は言った。「現在、調査を実施しようとしています。私たちは、雇用主が彼らが望む質問を調査に含めることを望んでいます。」

U Naung Aung氏によると、労働者側からの調査に含まれる質問を決定するために、12月の第2週に別の議論が予定されていた。

調査は、基本的な物価、個々の労働者の収入、および一般的な費用に焦点を当てると彼は言った。

ミャンマー縫製業者協会のDaw Khine Khine Nwe書記長は、121日の会議で政策事項について議論したと述べた。

「他の国で最低賃金がどのように扱われるかを話し合った。主に政策問題について話し合った」と彼女はミャンマー・タイムズに語った。「金額はまだ調整されていません。法律に従って進めます」

2015828日、全国最低賃金委員会は国の最初の最低賃金を1日あたり3600チャットに設定した。

最低賃金法は2013322日にU Thein Sein前大統領の管理下で制定された。法律では、最低賃金は2年ごとに見直さなければならないと規定されている。



 

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年12月09日

このページのトップへ戻る