インドシナニュース

ミャンマー:CMP式アパレル輸出で収益3800万ドル増加

今年の101日から25日にかけて、CMPアパレル製部門の輸出は32500万米ドルに達し、昨年同期と比較して3800万米ドル増加した、と商務省の常任秘書官Khin Maung Lwin氏は述べた。

昨年、CMPアパレル部門の輸出収益は28700万米ドルを超えた。 CMPのアパレル部門は大きな進歩を遂げている。

2015-16年度、アパレル部門の輸出収益は8億米ドルだった。

2018年、アパレル部門の輸出収益は46億米ドル近くに達した。ミャンマー縫製企業家教会(MGEA)によると、アパレル事業の輸出収益は100億米ドルに達すると予想されている。

労働者の数が5倍に増加し、収入が10倍に増加したため、アパレル部門は生産を2倍に増やす必要があると、とミャンマー縫製起業家協会のKhaing Khaing Nwe会長は言う。

MGEAには500以上の企業が加盟しています。50万人以上の労働者がアパレル部門で雇用されています。ミャンマーは、CMPシステムにより、平均して約10%しか稼ぎません。8%しか得られない企業もあれば、12%になる企業もあります。」とKhaing Khaing Nwe氏は述べた。

現在、CMP産業は年間約3億米ドルを稼いでいる。MGEAによると、CMP産業は、CMPからFOBに移行できる場合、最大30億米ドルを稼げる。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年11月29日

このページのトップへ戻る