インドシナニュース

ベトナム:台湾企業Eclat、新たな外注工場を見つける

生産量の増加:同社は、ベトナムの新しいアウトソーシング工場が24の生産ラインを追加し、月間能力を最大45万点に増強すると述べた。

 

Eclat Textile Co(儒鴻)は新たな外注工場を見つけ、来年ベトナムの能力と労働力の不足に対処するために来年15%能力を増強すると予想される、とアナリストは述べた。

同社は、主要ブランドのクライアントからの注文の増加に対して、来月、月間180万から220万個の生産能力不足に直面する可能性がある。

その結果、同社は来月の衣類生産量を今年の推定850-880万点から1000万点以上に増やす計画だと、同社の収益会議に出席したアナリストは述べた。

Eclatは、ベトナム南部の工場で稼働率を80%から95%に引き上げる計画で、月にさらに80万個を生産する予定だと彼らは述べた。

Eclatはアナリストに、ベトナム南部の外注工場に24本の生産ラインを追加し、この四半期と次の四半期に月間アパレル製品生産能力を40万点から45万点に増やすとアナリストに伝えたが、ベトナム北部の他の外注工場を探している彼らは、1ヶ月あたり1020の新しい生産ラインがあると述べた。

「今年のベトナムの能力と労働力の不足により、同社はこれまでわずかな売上成長を遂げましたが、2020年には解決される見込みです」とYuanta Securities Investment Consulting Co(元大投顧)アナリストPeggy Shih(施姵帆)氏は述べた。

今年の最初の10か月間のEclatの累積収益は、前年から1.35%増加して2303000万台湾ドル(75410万台湾ドル)になったと117日に発表した。

最初の3四半期の純利益は、前年同期比0.8%増の316000万台湾ドル、1株当たり利益は11.54米ドルでした、とEclatは先週月曜日に発表された財務諸表で述べている。

SinoPac Securities Investment Service Corp(永豐投顧)によると、この四半期の同社の売り上げと収益は、主要小売業者による季節のピークと在庫の恩恵を受けると予想されている。

Eclatは、台湾、ベトナム、カンボジアで事業を展開する大手統合アパレルメーカー。同社は、Nike IncAdidas AGUnder Armour IncLululemon Athletica Incを主要なクライアントの1つとしており、クライアントのサプライチェーン統合の恩恵を受け続けるとアナリストは述べている。

「上位5社のブランドクライアントは、Eclatの総収益の約3336%を占めており、来年の貢献度は50%に達すると予想されています。供給が途切れるリスクはありません」と、Jih Sun Securities Investment Consulting Co(日盛投顧)アナリストChannie Wang(王章妮)氏は述べている。

Eclatの株式は先週3.06%上昇し、金曜日の台北取引でNT $ 404.5で取引を終えた。彼らは今年16.24%を獲得した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月20日

このページのトップへ戻る