インドシナニュース

ベトナム:電子商取引のブームが予想される

2015年の総市場価値は40億米ドルだったが、ベトナムの電子商取引は2018年に78億米ドルに大幅に増加し、今後も上昇傾向が続くと予想される。

Googlee-Conomy Southeast Asia 2019レポートによると、2015年から2018年までの平均成長率は25%であり、ベトナムの電子商取引の市場価値は2025年に330億米ドルに達し、東南アジアで3番目に大きい電子商取引経済圏となる。

オンラインでビジネスを行うことは、運用コストが低いため、多くの企業、特に中小企業や企業家に好まれている。eコマースに関する最近の調査では、参加者の36%がオンラインで商品を販売したと答え、45%がeコマースを「非常に効果的」と見なした。

eコマースのウェブサイトを促進することに加えて、オンライン小売企業は顧客サービスとマーケティングのプラットフォームとしてソーシャルネットワークも使用している。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月14日

このページのトップへ戻る