インドシナニュース

ベトナム:繊維・アパレル製品、今年の輸出額400億米ドルに到達か

ベトナムの繊維・アパレル産業は、一部の市場で困難に直面しているにも関わらず、今年の売上高目標の400億米ドルに到達する見込みである。

同産業による今年最初の9か月で293億米ドルの輸出収益を報告した後、ベトナム国営繊維企業グループ(Vinatex)Cao Hữu Hiếu社長によって声明が出された。

Hiếu氏は、この結果は困難な世界経済状況を克服するための業界の努力によるものだと述べた。この数字を達成するために、困難、特に米中貿易戦争の影響により急激に下落した投入価格を取り除くための解決策が同調して実行されていた。

「低迷期の後、繊維産業は繁栄し始めました。価格も回復している一方で、顧客はより多くの関心を示しています。来年、市場が軌道修正され、2016-17年に見られた最高値に戻ることを願っています」とHiếu氏は述べた。

ベトナム企業は、環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)や今年発効したEU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)などの新世代の自由貿易協定(FTA)を活用し、それらの特恵を享受し努力する必要がある。

技術利用は、ベトナムの繊維・アパレル産業がビジネスを促進し、市場拡大を後押しする重要な要素と考えられている。

Hiếu氏によると、多くのVinatex企業は、労働者に代わる自動裁断機、散布機、および3D設計に投資した。一方、糸や染色もまた、技術の急速な発展から圧力を受けた。

ファッション業界では創造性が非常に重要であるため、機械が人間に取って代わることができない段階があり、「約150社を対象としたVinatexの調査では、今後10年間の同産業の雇用機会は依然として高いことが示されました」とHiếu氏は語った。

「国内市場は今年90億米ドルに昇ると予想されており、それは巨大な産業ということです。世界のトップブランドがすでに同産業に投資しており、更に日本のユニクロが2020年に進出予定です」とHiếu氏は述べた。

また、そのような圧力の下でベトナムのファッションが国内市場に到達するための独自の道を見つける必要があると述べた。

Vinatexは、ベトナム人および国内ファッション業界に適した素材を使用したベトナムのデザインに焦点を当てており、品質とリーズナブルな価格を確保し、競争力を高めています」と彼は付け加えた。

多くの企業は国内市場シェアを拡大するために、電子商取引システムを設定したり、独自のオンライン販売サービスに投資している。

ViệtTiến社はファッションデザインセンターに投資する一方、Đức Giang社はPaul DownerHeraDGForever Youngなどの自社ブランドの構築と開発に注力している。

Nhà BèMay 10などの他の企業も、さまざまな消費ニーズに対応するために、あらゆるスタイルやカテゴリのファッショナブルな製品を提供し、国際的なトレンドに従う品質とデザインを確保している。

経済専門家によると、ベトナムの一連のFTAへの加盟により、国内市場の開放性が200%向上したという。当局は、国内市場シェアを改善するための努力に加えて、特に資本調達、生産拡大、外国ブランドと競争するための技術と管理の改善に関して企業が再構築するための有利な条件を提案する必要がある。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月07日

このページのトップへ戻る