インドシナニュース

ベトナム:税関にて偽の原産地表示が付いた中国製品が発見される

ホーチミン市のCat Lai港湾の税関部門は、認可された機関と協力して、112日に偽のベトナム産のラベルを付けた中国製品の輸出を阻止した。

この商品は、Talalay Vietnam Rubber社によって中国から輸入された、毛布、蚊帳、枕など7.2トンで、これらの合計金額は59100万ドン(2539700万米ドル)。 商品にはすべてベトナム製のラベルが付いていた。

これまで10月にサイゴン港の税関部門は、中国から輸入された約8500点のアパレル商品にベトナムと韓国の偽造ラベルが付いていることを発見した。

その間、近隣のビンズン省の税関は、ベトナム製の偽造品で、6億ドン(25784ドル)相当の中国製自転車の輸出を阻止した。商品は米国に輸出される途中だった。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月05日

このページのトップへ戻る