インドシナニュース

ベトナム:イオン、ハノイのハドン地区に5番目の店舗をまもなくオープン

総合スーパーマーケットのイオンハドン店は11月にオープンし、イオンベトナムで5番目の店舗となる。

ベトナムの経済発展を考えると、ライフスタイルは劇的に変化した。このような変化に適応するために、イオンは顧客のニーズに応え、日々の生活を豊かにするためのさまざまな新製品とサービスを提供する。

果物、野菜、生鮮食品のエリアでは、多様で安全な製品を手頃な価格で提供している。農産物コーナーでは、オーガニック、グローバルGAP認定、VietGAP認定の果物と野菜がある。毎日の食品フロアには、顧客が時間を節約するのに役立つ、調理済みおよび調理済みの幅広い製品がある。また、地元の特産品のほか、日本の食料品、日用品もラインナップ。

250席以上の飲食エリアでは、コーヒー、アイスクリーム、ケーキだけでなく、300種類以上のスイーツとドリンクとともに、ベトナム料理と日本料理の複数の選択肢で、伝統的なベトナムと日本のデザートもすべての世代の好みを満たす幅広いメニューを提供している。

グラムビューティスペシャリティストアは、ハノイで初めて発売され、美容およびヘルスケア製品を販売し、プレミアムコスメティックを含む「イオンウェルネスストア」と組み合わされる。また、スキンケアブランドの「GLAMATICAL」や「TOPVALU」サプリメントなど、イオン専用の製品も用意される。

キッズリパブリックは、ママとパパ、赤ちゃん、および「家族のための楽しい」をテーマにした子供向けの製品の販売エリアです。幅広い品揃えで買い物を楽しむ場所であるだけでなく、遊びや学習活動を通じて子供連れの家族をサポートする。

イオンは、「私たちが行うことはすべてお客様のために行う」という考え方に沿って、小売業活動を通じて保証を提供し、顧客の信頼を獲得するという哲学により、便利なサービスと施設で優れたショッピング体験を提供することを約束する。

ハノイ市ハドン区のDuong Noi地区にできるイオンモールは、イオンベトナムによって運営および管理される。イオンによると、2025年にはイオンモールハイフォンがオープンし、2025年までにベトナムには他の20のショッピングモールが建設される予定。

2018年には、イオンがベトナムから日本のスーパーマーケットで販売するためにベトナムから輸出した商品の総額は約2億5000万米ドルに達し、2020年までに2倍の5億米ドルになると予想されている。 2025年までには10億米ドルに達する見込み。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月02日

このページのトップへ戻る