インドシナニュース

ベトナム:Eコマース、大きな発展ぶりを見せる

ベトナムは東南アジアで最も急速に成長しているEコマース市場の1つと見なされている、と商工省のEコマースおよびデジタル経済庁(IDEA)のDang Hoang Hai長官は1018日のハノイでの会議で述べた。

ベトナムは、企業が輸出を強化し、機会を増加させる電子商取引の強力な発展を目の当たりにしている。さらに、多数の若者やインターネットユーザーを抱える9000万人以上の大規模な人口は、この国の電子商取引市場が今後も成長を続けるきっかけとなると考えられている。

IDEAによると、Eコマースを介したB2C小売売上高の成長率は2018年に30%拡大した。2015年以来、このような絶え間ない高い成長率により、ベトナムはEコマースの売上は、来年100億米ドルの目標を達成する。

Haiは、Eコマースの法的枠組みが大幅に改善されたことを強調し、Eコマースプラットフォームとそれに付随するサービスが急増している今、Eコマースは、企業が輸出で突破口を開く機会を最大限に活用するための有用なツールと見なされていることを指摘した。

IDEAのスペシャリストであるNguyen Thi Thu Trang氏は、2018年に同国で約4000万人がオンラインショッピングを行ったと電子商取引の急速な発展を強調した。この分野は大きな収益を上げているとはいえ、昨年の商品・サービスの小売売上高全体のわずか4.2%を占めるにすぎない。

Trang氏によると、携帯電話を介した取引が増加し、インターネットユーザーの約92%がインターネットへのアクセスに携帯電話を使用し、オンラインショッパーの81%が携帯電話を介して注文を行ったと付け加えた。

Eコマースを使用した企業は全体の44%のみで、モバイルアプリを使用した企業は13%。

電子商取引と同様に、輸出は国民経済においてますます重要な役割を果たしている。ベトナムの中小企業の32%以上が、オンラインチャネルを介して外国のパートナーと取引関係を築いている。

企業間電子商取引プラットフォームは、地元の輸出業者が世界中の顧客や市場に直接かつ迅速にアクセスできるようにするのに役立つと彼女は指摘した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年10月23日

このページのトップへ戻る