インドシナニュース

ベトナム:世界最大のジッパーメーカーYKK、北部ハナム省に6000万米ドルの新工場を開設

Japan Timesによると、大手ジッパーメーカーであるYKK Corporationは、世界市場でのジッパー需要の高まりに対応するため、ベトナムで5990万米ドルを投じて2番目の工場を稼働させた。

この新工場は、アパレル産業向けのジッパーと原材料の生産に特化しており、年間42000万点を生産可能。

同社は、2017年と比較して、20213月までにベトナムの生産能力を40%増強する予定。

YKKの現地法人であるYKKベトナムは、101日に発表された声明によると、ハノイの南約40キロメートルのハナム北部にあるドンバンIII工業地帯に新工場を設立、総投資額は5990万米ドル。

ドンナイ省南部の既存の工場に加えて、新しい51000平方メートルの敷地は、ベトナム北部のアパレルメーカーへの納期を短縮する。

最近、ベトナムの包括的パートナーシップおよび環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)および今後のEUベトナム自由貿易協定(EVFTA)への参加により、外国の生産者は同国の繊維およびアパレル産業の拡大を促している。

ベトナム繊維協会のVu Duc Giang会長は、地元の繊維およびアパレル産業が2035年まで高い成長の可能性を維持し、輸出高は約2000億米ドルに達すると予測している。

ベトナムで繊維アクセサリーを生産する工場への投資活動の成長は、縫製糸、織物、化学物質、布地の染色仕上げ用染料、芯地、ジッパー、リボンなどの衣料用アクセサリーを含む2016-2025年の産業発展を支援するプログラムを承認する首相の決定No. 68に従って優先投資対象とされることによる。

この動きは、輸入原材料への同産業の依存を減らすことを目的として、繊維・アパレル産業におけるサプライチェーンを完成させる政府の努力を支援することが期待されている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年10月08日

このページのトップへ戻る