インドシナニュース

インドネシア、ベトナムとのFTAがインドの紡績工場に打撃

輸入関税を高くと業界要望

北部の繊維工場各社は輸出需要が低調で、価格競争力が弱いため、自由貿易協定(FTA)に基づくインドネシアとベトナムからの輸入ポリエステル糸が、驚異的に増加しており、国内産業が脅威にさらされている。

データによると、GSTの前の期間におけるこれら2つの国からの平均月間輸入が過去2か月で、565トンから、特に今年7月と8月には5400トンに増加した。

量的には、この増加は1か月あたり4835トンであり、パーセンテージで見ると、わずか26か月で数量が855%と驚くほど増加した。

北部の綿紡績工場は、輸出需要の低迷に取り組んでいるため、すでに生産調整に頼っている。生産を停止した工場もあるが、一部の工場は稼働日数とシフトを削減している。平均して、生産量は2530%減少している。輸入糸の大幅な増加は、彼らの不幸の度合いをさらに増した。

北インド繊維工場協会のSanjay Garg会長によると、工場の最終製品であるポリエステルヤーンは、SAFTAでクリアされ、無税で輸入される品目のリストに含まれているが、原材料であるポリエステルステープルファイバー(PSF)は、このリストには含まれていないため、5%の関税が課される。

GST以前の政権では、輸入糸はCenvat12%)と4%の特別追加関税(SAD)の対象であったため、これらのFTAの下での輸入の流入に対する保護があったと述べた。 Cenvatから免除されました。

ただし、GST後、CenvatSADは削除され、これによりインドネシアとベトナムから輸入される糸の量が天文学的に増加した。

業界では、インドネシアの紡績工場の規模が巨大であり、この数字を無視すると、北インドの織物工場だけでなくインド全土の工場の存続を脅かすことになると確信している。

NITMAは、輸入の増加に混乱して、ポリエステル糸の基本的な関税を現在の5%から10%に引き上げることを提案している。

北部地域の紡績工場の総売上高は5万ルピーである。750 Lakhスピンドルの設置容量により、北部地域は国の総容量の15%を占めている。パンジャブ、ハリヤナ、ウッタルプラデーシュ、ラジャスタン、ヒマーチャルプラデーシュで構成される地域には、約200の紡績工場がある。



その他 ジャンル:
最終更新:2019年09月28日

このページのトップへ戻る